土地に関する協定書の有効性について

亡父が自宅以外に90坪の土地を残して亡くなり母が相続しました。
生前父は兄弟で半分ずつ分けなさいと言ってました。
その土地に弟夫婦が65坪を使って家を建てました。兄は25坪しかもらえません。
そのため土地に関する協定書を結び母から相続した時点で弟夫婦が土地代金として20坪分を実勢額で計算した額を兄に支払うと土地に関する協定書に署名捺印しました。内容については意義がありませんが土地に関する協定書に拘束力があるのでしょうか?また、遺産分割協議にこの内容を決済すると書いてもらえば大丈夫ですか?教えてください。よろしくお願いします。
2012年09月15日 16時31分

みんなの回答

梅村 正和
梅村 正和 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県1 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
>その土地に弟夫婦が65坪を使って家を建てました。
>兄は25坪しかもらえません
 
→ 共有状態ではなく、土地を65坪と25坪に分筆したと読めますが
分筆と遺産分割未了との関係が分かりません。
「もらえません」とは、どういう意味でしょうか。
家を建てた、もらえませんとは、父亡き後母による何らかの生前贈与でしょうか、
それとも母亡き後の相続のことでしょうか。
遺産分割未了のようなので生前贈与があったかに読めますが。
 
質問者さんの質問の仕方から見ると、協定書そのものを見ないと
回答し難いと思われます。
その協定書じたいが遺産分割のことをどのように前提してなされたものなのか
その辺もはっきりしないと何とも言えないでしょう。

2012年09月16日 13時10分

相談者
現在は全部が母親の名義で弟が65坪をもらい、25坪もらう兄が20坪分の現金をもらうという約束になってますが、その約束を果たしてもらうにはどうすればいいのでしょうか?という質問です。分筆もなにもなされてません。
説明がわかりにくくて大変申し訳ございません。ごめんなさい。
宜しくお願いします。

2012年09月16日 15時49分

梅村 正和
梅村 正和 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県1 不動産・建築に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
お母さんがお父さんの土地を全部相続して単独の所有者となっているのであれば、
お母さんの財産なので、お母さんが亡くなったときの遺産分割の約束ということ
になります。
まだ、本人が亡くなっていない時に、その人が亡くなった場合の遺産分割協議を
しても法律的には無効です。

これは、被相続人が亡くなる前に、相続予定者が相続放棄することができないのと
同じ理由です(相続人が先に亡くなった場合、相続放棄は意味がないものと
なってしまいますので)。
  
相続は被相続人が亡くなって初めて発生することであり、
被相続人(お母さん)が相続人(子供達)より先に亡くなると決まっているわけではないので、
亡くなる前の遺産分割協議は法律的には意味のないものと扱われます。
また、お母さんが今後誰かの保証人になったりして何百万円、何千万円の借金を
する可能性も可能性としてはあるわけなので、
将来可能性がある借金その他を無視して、
土地だけについて行った約束は意味がないことになります。

   
つまり、お母さんが生きている以上、お母さんの財産は遺産ではないので、
遺産をこのように分割するという約束は法律上は意味が無く、
そういう約束を盾にして、お母さんが亡くなった後に、その約束どおりの
遺産分割を要求することはできません。

2012年09月18日 10時51分

この投稿は、2012年09月15日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【相続】署名捺印がない、訂正部分がおかしい…そんな遺言書は有効?

亡くなった人の遺言書が見つかったけれど、本人の署名捺印がなかった場合、有効な遺言書として扱えるのでしょうか。こういった疑問について「[みんなの...

この相談に近い法律相談

  • 遺産分割の調停で相手の意図が分からないとき

    2014年12月に祖父が逝去。従兄弟(叔父07年に逝去し法定相続人)と叔母(祖父の養子になっており法定相続人)が母と祖母を相手方にして遺産分割の調停を行いたいとの旨が裁判所より届いています。従兄弟と叔母と祖母はそれぞれ同じ敷地に別々の戸建てで住んでいます。資産は、同じ敷地の土地と宅地と隣接している借家の土地と宅地が9割...

  • 家庭裁判所検認された遺言書について

    私の父が昭和60年に他界し、兄が遺産分割協議書を偽造し高額な土地約100坪(以下土地Aとする)を兄一人の名義で登記されてしまいました。また兄は実家の土地(以下Bとする)を担保とし、サラ金から多額な金員を手にいれ返済せず、サラ金業者から土地Bを競売されそうになりました。土地Bは約200坪で兄と母共有名義となってい...

  • 相続放棄後の固定資産税について

    私の母の話です。 母の家族構成は(私からすると) 祖父(平成20年死去)、祖母(平成26年死去)、叔父(平成27年死去)でした。 登記上、土地は現在も祖父名義、建物は叔父名義(昭和53年祖父から所有権移転登記)です。 祖父、祖母死去後には母も叔父も相続放棄の手続きはしませんでしたが、 今年叔父が死去した3か月以内に...

  • 共有名義について

    よろしくお願いします。1件の不動産建物の名義が共有名義となっています。父5/4、叔父5/1。土地は借地(登記簿上) 遺産分割協議によって所有権移転されていると存じますが 叔母がいうには5/2が父、5/1叔父、残りの5/2は叔母が管理し 5/2から土地の借地料を納めていますが、その差分が9万円ほど 残るはずです。しかし叔母はそのお金...

  • 80年前に死亡した先祖の土地相続について

    祖父が田舎に莫大な土地を所有しておりました。 祖父と祖母が死亡してからは、長男である父の兄が30年近く固定資産税等を納付しておりましたが、一昨年突然死亡しました。 兄は独り身で家族はいない為、兄の死亡後は次男にあたる父が固定資産税を納付しております。 父も来年65歳で定年になり、莫大な土地の固定資産税の支払いが...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。