不動産売買 契約不履行の違約金について

公開日: 相談日:2019年10月16日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

今年の7月末に土地の引渡しを条件に手付金を支払い、6月中旬に契約しました。工務店を決め、7月末になり売主から引渡しの延期。理由(測量が終わってない)8月末に変更し、またもや引渡しの延期。理由(確定測量が終わってない)値下げを条件に9月末に変更し、またもや引渡しの延期。理由(委託測量士が死亡)10月末に変更し、またもや引渡し延期。理由(抵当権があり抹消登記不可)10月18日をもって売主側の契約不履行により解除予定です。10月末に手付金返金と違約金売買金額の20%が支払予定です。どうしても納得いきません。4ヶ月近く延期され土地が無い為、工務店を解約するしかなく違約金と設計費用を払わなければなりません。手付金、違約金20%以外に損害賠償請求はできるのでしょうか?土地の契約がなければ、そもそも工務店の契約もしてません。土地の引渡しが延期されるごとに設計費用は4ヶ月経ち加算されました。どうかご返答いただけるようお願い致します。

858033さんの相談

回答タイムライン

  • 原田 和幸 弁護士

    注力分野
    不動産・建築
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    > 手付金、違約金20%以外に損害賠償請求はできるのでしょうか?

    損害賠償額の予定として、20%だと思いますので、それを超えては難しいと思います(民法420条)。


    (賠償額の予定)
    第四二〇条 当事者は、債務の不履行について損害賠償の額を予定することができる。この場合において、裁判所は、その額を増減することができない。
    2 賠償額の予定は、履行の請求又は解除権の行使を妨げない。
    3 違約金は、賠償額の予定と推定する。

この投稿は、2019年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「契約の解除」に関する情報をわかりやすく解説した法律ガイド

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから