不動産売買契約の契約解除に於ける履行の着手とは?

公開日: 相談日:2019年04月19日
  • 1弁護士
  • 1回答

土地の売買契約を不動産会社と結びました。

当方は買主です。不動産会社が売主です。

契約書に登記手続期限を設けられました。一応、この日までを目安にしたいとの意味合いだそうです。
手付金を10万円支払っております。

この場合、宅建業法では手付金は解除手付金になるし、期限の設定は無効になるかと存じます。

ということは民法に基づき契約解除が出来るのは相手方が履行の着手をするまでになるかと存じますが
土地の売買契約では単純に土地の名義を移転すれば終わりなので工事は必要ないですから

単純に土地の引渡しがある直前まで売主である不動産会社に対して契約解除をする事が出来ますよね?

<現在の状態>
不動産会社が持っている土地を1000万円で購入する売買契約を結びました。
手付金は10万円を支払っています。
隣家と買主立会いの下、測量は以前しました。
土地は既に大地主さんから不動産会社が買った際に分筆されたものの契約です。

この場合は判例によると履行の着手には当たらないとの事ですから、土地の引渡し直前まで契約解除は可能だと考えて宜しいですか?

788751さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    長崎県1位
    タッチして回答を見る

    手付け解除の可否は契約書が優先しますので、契約書を確認されてください。

    >単純に土地の引渡しがある直前まで売主である不動産会社に対して契約解除をする事が出来ますよね?

    履行の着手とは、「客観的に外部から認識できるような形で、契約の履行行為の一部をなしたこと、または履行の提供をするために欠くことのできない前提行為をしたこと」とされています。

    これに該当する場合、契約解除はできません。

    契約解除をする場合、後で問題にならないよう、できるだけ早く申し出た方がいいでしょう。

この投稿は、2019年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから