賃貸物件での修繕義務の不履行による契約解除

公開日: 相談日:2018年11月19日
  • 1弁護士
  • 1回答

賃貸物件で入居時より不備があり、修繕を依頼しましたが2ヶ月が経過しました。
数ヶ所ある不備のうち、浴室の排水不良で洗い場に水が溜まるためにお風呂自体の使用が出来ません。

現在までなんやかんやと理由を付けられ、修繕がなされないままなので修繕義務の債務不履行を理由に契約解除を申し出たいのですが、下記の三つについてご相談させてください。


1)管理会社によると貸主は対応するつもりではいるとの事。はっきり拒絶していない状態で遅れを理由とした契約解除は出来ますでしょうか?

2)契約解除できるとしたら、敷金・礼金・仲介手数料の返還、引越し費用と、入居一年未満の違約金は貸主様にご負担頂きたいのですが、交渉がうまくいかない場合は訴訟による判決が下るまで退去は出来ないのでしょうか?

3)修繕を待つ間に発生した入浴料や交通費などの損害賠償と使用不可部分の賃料減額、心身の負担に対する慰謝料の請求は、上記の退去費用とは別に少額訴訟で申立てになりますでしょうか。


また、今後どのように手続きを進めたら良いかご教示いただけますと幸いです。

731650さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    福岡県2位

    中島 繁樹 弁護士

    注力分野
    不動産・建築
    タッチして回答を見る

    <管理会社によると貸主は対応するつもりではいるとの事。はっきり拒絶していない状態で遅れを理由とした契約解除は出来ますでしょうか?>
     2か月では催促の期間としては短いと思われます。

    <契約解除できるとしたら、敷金・礼金・仲介手数料の返還、引越し費用と、入居一年未満の違約金は貸主様にご負担頂きたいのですが、・・・・・>
     敷金の返還は請求できますが、礼金や仲介手数料の返還請求は無理です。引っ越し費用の請求も無理です。一年未満の場合の違約金をあなたが支払うことはありません。

    <交渉がうまくいかない場合は訴訟による判決が下るまで退去は出来ないのでしょうか?>
     契約が解除されて無くなるのですから、借主は退去しなければなりません。


    <修繕を待つ間に発生した入浴料や交通費などの損害賠償と使用不可部分の賃料減額、心身の負担に対する慰謝料の請求は、上記の退去費用とは別に少額訴訟で申立てになりますでしょうか。>
     入浴料や交通費の請求はできません。慰謝料の請求は無理です。賃料の減額請求はできます。

    <今後どのように手続きを進めたら良いかご教示いただけますと幸いです。>
     早期に退去するしかないでしょう。
     

この投稿は、2018年11月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから