建築条件付き土地売買、建築請負契約トラブル

建築条件付土地売買契約を結び(売主)、建築請負契約を結んだ(請負者)同一の業者(A社)が、建設業許可を得ていないことが判明しました。
許可がないと1500万円未満、150平米未満の工事しか受けられないと聞きますが、これまで説明はありません。

請負契約書には請負代金1300万円となっていますが、これ以外の増坪など、契約前に判明している180万円は別途見積もりが出されています。合計1480万円の工事です。
請負契約の明細は請負契約前と後にも請求しましたが「土地とセットの価格だから出せない」と言われて拒否されています。
これが通るのであれば1500万円未満になるように操作できるのでは?
また、建ぺい率容積率に余裕があるので150平米以上の物件を建てる可能性もありました。
建設業不取得を伝えないまま建築条件付契約を結ぶことは違法ではないのでしょうか。

他にも不審な点が多く、
1.広告に名前があるのはA社ではなく親会社の大手B社。土地の契約直前に「今回の契約はA社だがほとんど変わりない」とB社専任の仲介業者に言われた(A社の建設業不取得の話はナシ)
2.広告には自由設計可能な建売販売とあるが、契約は建築条件付き契約。建築条件付である旨はどこにも記載なし。
3.建築請負契約の際に設計と工事監理業務を「A社建築士事務所が受託」する書面を提示されたが、A社には建築士がいないと聞いており、一度もA社の建築士には会ったことがない(間取りの打ち合わせに建築士は同席せず、建築確認申請用の途中段階の図面はB社の建築士のサイン。実際の確認申請図面のみA社の監理建築士のサインに差し替え。)
4.契約時に確認申請用の図面の添付がなく図面を請求するが、その後提示されず断りなく建築主である私の委任状を偽造されて勝手に建築確認申請が出される★A社認めて謝罪
5.契約時に着工日とスケジュールを請求したが、その後の催促も無視され勝手に着工される。これにより地鎮祭ができなくなる★A社認めて謝罪
6.工事現場の掲示は、私ではなくこの業者が建築主となっている

不審な点があまりに多く、説明を求めて現在工事を中止している状況です。
これらの行為は違法にあたらないのでしょうか?
また、このような業者でしっかりとした家が建てられるとは到底思えず、手付金返金、違約金なしで解約したいとも考えています。難しいでしょうか。
ことりこさん
2018年02月01日 16時33分

みんなの回答

森田 英樹
森田 英樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府2
ありがとう
近年このような 売り建て物件でのトラブルが増えています。

> このような業者でしっかりとした家が建てられるとは到底思えず、手付金返金、違約金なしで解約したいとも考えています。難しいでしょうか。

・・・可能性はゼロではないかもしれません。ただ 具体的に契約書・契約内容などを確認したうえでなければ回答はできません。

逆に 契約条件を理由に 工事中断による賠償金を請求される危険性もあります。

直接に弁護士に相談されるのが良いでしょう。


2018年02月01日 17時03分

この投稿は、2018年02月01日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,126名の弁護士から、「不動産・建築に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 建築条件付土地&建築請負工事契約の同日契約

    先日手に入れたチラシに、気に入った物件があったので見に行きました。チラシには建売のような表記で、参考プランとしたものが土地建物まとめた金額で書かれておりました(建築条件付土地などの記載は無し)。販売会社(売主)のホームページでも建築条件付きと書いていなかったのですが、間取り変更可能などと書いてあり、販売する土地...

  • 建築工事請負記載の外構工事のみを利用したくない

    状況の概要 今夏、建築条件付き土地を購入し、新築戸建を建てます。 建築工事請負契約書には、下記のような特約条項が記載あります。 「本建築工事請負契約書第6条に定める請負金額以外に別途費用として、建築確認費用450,000円(税込)、外構工事費用800,000円(税込)を要します。」 ※第6条は請負金額が記載されているだけです。 ...

  • 建物工事請負契約書と建物売買契約書はどちらが優先されるか

    知合いの不動産に土地を探してもらいその土地に家を建ててもらいました。土地は仲介により購入。土地に建築条件は付いていませんでした。土地の売買契約とほぼ同時に半年後を完成工期とする建物の工事請負契約書が交わされました。契約書には不動産業者と建築業者の両方のサインがあり建築業者が作成した見積書が添付されていました。し...

  • 注文住宅と売買契約?

    昨年、注文住宅を建てました。現在引き渡しが済んで入居しています。 契約書の表紙に売買契約と書いてあります。収入印紙、署名欄のページにも売買契約と書いてあります。しかし売主、買主では無く、注文者、請負者になっています。約款は請負契約の内容のようです。(例えば、第2条請負者 約束の工期内に完成させる・・・。第13条 紛争...

  • 建設業法 無許可業者による割高な造成工事を取り戻せるか。

     田んぼの(準工:1,300㎡)造成工事してもらいました。 目的は親戚の不動産屋がロードサイド店舗に仕立て 事業用借地として貸し出すよう提案されましたので。  造成工事の土建屋は、その親戚の知り合いで見積額は 約190万だったのでお願いしましたが、工事完了後の 請求は510万でした。理由は田の盤面が相当ゆるく 地...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。