他人の土地を無断で自己の敷地として建築された建物について

義父の所有であった家を調べましたら、隣地の家が父の所有地一部を無断で「自分の敷地」と図面に記入し申請して建築確認を取得し建築されていることがわかりました。その使用された土地は建築基準法上の道路でない通路で敷地としての独立性もありません。
隣地は父の土地なしでは接道が取れず建築確認は取得できない敷地でした。役所に聞くと敷地の所有や使用権利の有無は問わないとのことでこちらはそれ以上対応できないとの回答です。これは合法なのでしょうか?立て替えなどでまた無断で敷地とされては困りますし、どのような対応を取るべきかお教え下さい。
0921048さん
2013年08月07日 10時45分

みんなの回答

小松 雅彦
小松 雅彦 弁護士
不動産・建築に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
不動産侵奪罪(刑法235条の2)に該当する可能性はありますが、判例検索をしたところ、あまりこの罪で処罰された件は多くないように感じます。(不法占拠の事案は非常に多いのに、それと比べて判例が少なすぎる)「不法領得の意思がない」という言葉できっている判例もありました。
おそらく不動産侵奪罪で刑事告訴しても、なかなか警察は受け付けず、民事で当事者間でよく話し合ってほしいという対応をされそうな気がします。
刑事告訴は、両刃の剣でして、刑事告訴をしたのに警察が適切な対応を取らないと、こちらが悪いことをしたかのような外観ができることもありますし、誣告罪で逆に訴えられることもあります。刑事事件にするのは慎重に、ということはいえます。
一般的には、不法占拠している建物の明け渡しを求めたり、あるいはその部分の買い取り、ないしは借地権などの利用権設定をします。
まずは、隣との関係でけんかにならないよう,となりに事実確認をし、話し合いをしてはいかがでしょうか。

2013年08月07日 12時31分

弁護士A
ありがとう
義父は亡くなられているのでしょうか。もしかすると,建築申請の際に義父の了解を得ていたと相手方はいうかも知れません。
これから建て替えをしたときのことですが,現在の運用として,建築申請の際,敷地利用に関する同意書の提出が求められるのかどうか,役所に確認してみたらどうですか(最近は審査が厳しくなって,同意書(承諾書)が必要という話はよく聞くのですが・・・)。
建て替えに際しては,書類上敷地として利用させることによりこちらがどの程度不利益を被るのかどうかという点,近所づきあいをどう考えるかという点を考慮して,判断するしかありません。

2013年08月07日 15時42分

0921048 さん (質問者)
小松先生
早速の回答をありがとうございました。許可行為でありながら権利の有無も調べずに建築確認を下してしまう役所の処理には不満が残るものの、今この家を売却するつもりで今後の権利等についても明確にしておく必要があるため、隣地の方と話し合いたいと思いました。参考にさせて頂きます。

2013年08月07日 15時53分

0921048 さん (質問者)
弁護士A様
この役所は福島市なのですが見解はすでに確認しました。申請された資料で判断、権利は審査内容外とのことでした。
義父は昨年逝去したのですが生前、建設も勝手にやられたとのことでそれ以来隣地と交流が亡くなったように聞いています。いずれにせよ言った言わないは結論が出ないことでしょうし…。
どうも有難うございました。

2013年08月07日 16時09分

弁護士A
ありがとう
権利は審査対象外ということのであれば,こちらが建築申請をした際にも,敷地の二重利用だとか変なことを言い出さなければ,それはそれで市の姿勢は一貫しているし,こちらの実害もないのですけど,そこの運用はどうなんでしょうかね。

2013年08月07日 22時25分

この投稿は、2013年08月07日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 「敷地使用」についての私法上の権利を明らかにする方法について

     実家の隣人が、少なくとも2社以上の複数の不動産広告で「現況再建築不可」と記載された旗竿地を購入し無断で我が家の土地の一部を自分の敷地とした建築計画概要書にて建築確認許可を受けました(申請時に提出した図面の「隣地境界線」が明らかに事実と異なります)。  隣人が敷地として申請した我が家の土地について、「境界画定...

  • 建築確認済後の建物の価値

    土地に建物を建てるため、近隣土地の所有者と土地賃貸契約書を交わしそれを敷地として道路に接面させ建築確認申請、承認されました。万が一その近隣土地の所有者が正当理由により土地賃貸契約の解除を行った場合、 ①建物の改築、売却は可能でしょうか? ②価値の棄損や違法建築とはならないでしょうか? 建築地の隣の土地は道路に面し...

  • 隣家より借地権の一部を占拠されています。

    数年前、田舎に借地権付きの中古住宅を購入し居住していました。 最近、突然隣家の方がその借地権の土地の一部(数十坪、主に駐車場として使用)がその隣家の方の所有地であるので明け渡してほしいと言ってきました。 さらに一部は赤道(公道)であるので通行できるようにしろと言ってきました。 (これらの土地はとても重要な部分な...

  • 土地賃貸借契約 解除に対して

    定期借地契約で複数の土地所有者から土地を借り、その一部に建物を建てました。 契約後しばらくして、もったいないので空いている土地に新たに別の建物を建て第三者に賃貸しました。 土地を借りた時の契約では、建物増築あるいは土地区画形質を変える時には土地所有者の事前承諾がいることになっており、これに反すると契約解除できる...

  • 不動産の使用貸借と土地の文筆について

    現在、相続によって得た土地を所有しております。 この土地には別名義の、事業ができる建物が建っています。 土地は使用貸借状態のまま相続しています。(紙媒体の契約書などはない) 土地の三分の一に建物が建っており、残り三分の二には建物等はなく、ただの広場です。 建物の持ち主とは建物の撤去で揉めている状態です。 ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。