マンション駐車場無断侵入者撃退方法について

前回(契約外車両の無断駐車をどうしたらよい?(3))より
継続質問として別枠であげさせていただきます。

先生ご回答ありがとうございます。

要するに、私は何が訊きたいのかと言いますと、
私有地であるマンション駐車場に無断侵入した者を現行犯で
発見した時にすぐに追い出すための方法、盾にできる法律は無いのか?
という事を質問させてもらっています。

軽犯罪法1条32項
「入ることを禁じた場所…に正当な理由がなくて入った者」
に該当する可能性はあります。

・・という回答を頂戴しましたが、
警察に通報し、軽犯罪法1条32項を侵している者が
今私所有のマンション駐車場にいるので
取り締まりにきてください!と通報したら
対応してくれるのでしょうか?
軽犯罪法だと対応してくれるか否かは
警察のその時の都合次第というような
軽視される事もあったりするのでしょうか?

あと、該当する可能性という不確かな言い回しをされていますが、該当しない可能性もまさかあるのでしょうか?

すみませんが、弁護士A・Bさん以外の方からの
ご回答を希望します。
もよこ☆さん
2012年06月02日 17時36分

みんなの回答

内山 知子
内山 知子 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
当該駐車場の形状、管理体制などからみて、常日頃から一般の人が立ち入ることができ、管理者も黙認していたなどの場合に、軽犯罪法1条32項の「入ることを禁じた場所」に当該駐車場が当たらないという可能性もあるということではないでしょうか。また、「正当な理由」という文言の解釈によっては、この法律で確実に取り締まれるとは言えないということだと思います。

法律違反に当たるかどうかは法律の文言の解釈によっても変わりますし、当該事実が該当するのかを個別に判断して決まりますので、法律家は「可能性」としか言えないのです。

仮に、軽犯罪法違反に該当すると判断されたとしても、軽犯罪法違反のみで警察が検挙してくれることはまずないと思っておいた方がよいです。

道路交通法上の駐車違反が使えないかと思っても、「道路」と判断される駐車場はほとんどないので難しいでしょう。駐車場の所有権に基づく妨害排除請求を民事上申し立てるという手もありますが、相手が分からなければできません。不法駐車車両については罰金をとる旨の警告文を貼るなどの事実上の圧力をかけるくらいしかなかなか方法はないでしょう。

2012年06月02日 18時50分

もよこ☆ さん (質問者)
内山弁護士ご回答誠にありがとうございます。
ただ単に上から目線で法律を語るだけな弁護士が多い中、
きちんと質問者の質問の意図、知りたがっている内容を
汲みとった的確なご回答をいただき満足いたしました。
内山先生のような方が人としてあるべき真の弁護士ではないかと
存じます。また機会があってご回答を頂戴できれば
大変嬉しく存じます。ありがとうございます。

2012年06月03日 18時40分

この投稿は、2012年06月02日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 軽犯罪法違反における凶器の隠匿携帯について

    軽犯罪法の第1条第2項に、 二  正当な理由がなくて刃物、鉄棒その他人の生命を害し、又は人の身体に重大な害を加えるのに使用されるような器具を隠して携帯していた者 とありますが、ここでいう「隠して携帯」の要件について質問があります。 護身用のため等の「正当な理由」に該当しない状態で、隠匿せず、車外から目に見...

  • 行為態様とは何ですか?

    行為態様とは何ですか? 質問の回答で少し疑問に思う点があるので質問させて下さい。 質問の回答で『仮に何かの罪に該当すると考えても、その行為態様からは逮捕の可能性は限りなく低いと考えます。』との回答を頂きましたが、行為態様によって可能性は上下するのですか?

  • マンション駐車場無断侵入者撃退について

    当サイトにおける下記Q&Aを拝見しました。 http://www.bengo4.com/qa/2595 上記を踏まえ改めて質問させていただきますが、 (無断駐車のことはここでは置いておいて…) マンション(自分が所有者)を取り囲むように広がるごく一般的な 青空駐車場に全くの部外者が侵入し、 例えば、駐車している車の中をちょろちょろ見たりして...

  • 相手への質問で、言い過ぎによって名誉棄損などの法律に触れる可能性について

    バイク屋の店員が、バイクの買い替えや修理の必要がないのに、すすめて来ました。 対応に疑問があったので、説明を求めたら、矛盾がいくつも出て来たので、必要がなかった可能性が濃厚です。 悪質なので、再び説明を求めようと思います。 質問する際、私の言い過ぎによって、名誉棄損などの法律に触れる可能性はやはりあるのでしょう...

  • 秘密録音の違法性について

    こんにちは。 秘密録音の違法性についてご相談させてください。よくテレビのニュースで秘密録音の音声が流れているのを見ます。秘密録音は証拠にはならないが違法にはならないと認識しております。 例えば、二人での話の内容を同意なく録音して、それを相談の為に第三者にきかせることはどのような罪に問われる可能性があるのでしょう...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。