ベストアンサー

敷金について教えてください

大東建託にて新築アパートに入居予定です。敷金について契約書、そして口頭で退去時には原状回復をしていただきますと言われています。敷金は2か月分112000円払います。これから契約書の説明等を受けますが、敷金についてどう質問したらよいでしょうか?本などには通常使用では100%戻るなど書かれておりますが、どういう認識でいたらよいでしょうか?
弁護士さんの認識にて、納得してお支払いしたく思います。教えていただけますとありがたいです。どうかよろしくお願い致します。(原状回復項目として、室内外クリーニング、畳全室表替え、建具全室張替、鍵一式交換などが示されております)
2008年03月03日 00時40分

みんなの回答

佐藤 文昭
佐藤 文昭 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
契約書ごとに結果が異なるきわめて難しい論点です。契約書のコピーを持って、敷金問題に詳しい弁護士に相談しないと結論はわからないでしょう。
最高裁の平成17年12月16日判決で、敷金は100%戻ることになったと誤解している弁護士司法書士が多いですが、この判決は通常使用でも戻らない「通常損耗補修特約」の有効要件についても言及していて、通常使用では100%戻る、という論調ははっきり言って誤解です。

2008年03月07日 22時12分

この投稿は、2008年03月03日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では14,553名の弁護士から、「不動産・建築に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 敷金返還トラブル(借主側)

    原状回復の特約が消費者契約法に反して無効であると主張して、敷金を返還してもらうことはできるでしょうか。 詳細は以下の通りです。 平成18年9月に建物賃貸借契約(アパート)を締結しました。その際に、貸主に対して敷金として124,000円を交付しました。 平成23年6月初めに解約の申し出をし、6月末に貸主立会いの下、建物の引渡...

  • アパート賃貸借の更新料について

    アパートの貸主をしています。 借主の賃貸借契約は2年毎の更新にしております。 更新料は20000万円です。 1世帯の借主が更新契約書は取り交わし入居を続けているのですが、更新料20000万円を3ヶ月ぐらい滞納しており支払いません。 そこでその滞納している借主から敷金を100000万円預かっていますが、その敷金から更新料20000円...

  • 退去後 ビルを解体する場合 敷金の返却率は どれくらいが常識でしょうか

    延床面積240坪 ビルの一棟貸をしております この度 入居会社から退去届が出てきました 敷金は1000万円を預かっております 退去後は ビルの老朽化、耐震工事もしていない建物の為 解体予定です 通常の退去であれば 現状回復費用を敷金から差し引けば良いと思いますが、今回は解体予定ですので 敷金から何%引いて 返金すれば...

  • 敷引きは「基本的には」原状回復に使われるべき?

    敷引きは「基本的には」原状回復に使われるべきとの記事を見ました。 事業用店舗で、敷金20万×4か月、敷引き1か月の物件と契約しました。 原状回復費30万円を請求されたのですが、仮に大家の主張が正しいとしても敷引1か月を差し引いた10万円しか賃借人は支払う必要はないという認識でよろしいのでしょうか? 宜しくお願いいたします。

  • 借家退去 現状回復の金額

    新しい一軒家の借家を7年半借りて退去したのですが 不動産屋さんから現状回復の見積りをして 敷金で足りない分は支払ってもらうようになりますし 余ればお返ししますとの話しで。 退去の際 かなりキレイにして出たのですが 見積りが365000円とのことで 敷金200000を差し引いて 残りを振り込んで下さいと。 7年半も普通に生活していれ...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

依頼前に知っておきたい弁護士知識

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。