1. 弁護士ドットコム
  2. 不動産・建築
  3. 不動産契約
  4. 初期費用
  5. 敷金・保証金
  6. 市の開発工事による設備付き賃貸店舗の立ち退き、契約解約時の敷金返還について(当方借主)

公開日:

市の開発工事による設備付き賃貸店舗の立ち退き、契約解約時の敷金返還について(当方借主)

2014年10月16日
市の開発工事による設備付き賃貸店舗の立ち退き、契約解約時の敷金返還について(当方借主)


市の開発工事により、賃貸店舗が立ち退きになりました。(当方借主)
以前にも相談させていただきましたが
私と市との交渉に口を出してくるなど、大家の態度に困っています。

立ち退き補償目的で物件を取得した家主なので
賃貸契約書に自己都合で特約条項を追加されています。
設備に関して貸主は整備して貸すので
故障した場合は借主負担で修理することや
賃貸人が市と契約を締結した場合速やかに明け渡し、
賃貸人に一切の補償、立ち退き料の要求をしない、など。

業務用冷蔵庫、製氷機の動作確認をするため
冷蔵庫の業者、賃貸人賃借人、管理不動産会社で立ち会い。
家主から業者への確認事項は”引っ越し先で使える事”
見積もりでは故障→修理部品以外に
消耗品、持ち出しをするための洗浄代も含まれていたため
消耗品や洗浄代は原状回復にあたらないのでは、と発言したところ
激昂し、じゃあクーラーやテーブルのへこみ、全部直してもらう!
と言われる。
原状回復は備品の移動は前提としていないはず。


そもそも賃貸人の備品はすべて補償されているはずなので
立ち退きの場合は敷金全額返還が普通だと、複数の不動産に言われたが
特約条項に記載しているので修理分なら仕方ないとも思うけれど
明らかに二重取り目的なので
消耗品に関しては支払う必要はないと思うし
できるなら全額返還してもらいたいのが本心です。

すぐカッとなる家主なので、管理不動産会社に立ち会ってもらっても
話が二転三転したりあとでごちゃごちゃすることが多くありました。
これまでもこんな安い家賃で貸してやっている、という態度をだったので
(設備込みのため相場よりたかい家賃を払っていたのに)
早く縁は切りたいけれど泣き寝入りもしたくありません。


現在は業者の見積もり待ちの状態です。
その請求によって弁護士にお願いするか考えようと思っています。
どうぞよろしくお願いします。
相談者(291116)の相談

みんなの回答

梅村 正和
梅村 正和 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県1 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
通常の経年劣化による老朽化は原状回復とは関係ありません。
したがって、消耗品などが通常の年数を経過したことにより、通常の使用によって老朽化しても、それは借主の責任ではありません。
そもそも大家は自分の物を借主に貸しているわけで有り、自分の物は自分の費用で修繕などするのが大原則です。
他人に本を2年間貸して、その本が2年経って相応に紙面がやけたとしても借主が新品の本を弁償する義務はありません。基本的にはそれと同じです。
原則、老朽化した状態で返すのが原状回復なので、それ以上のことをする義務はありません。
仮に、賃貸借契約書に通常の老朽化の修繕費用等も借主の負担とするという条項があっても、借主に一方的に不利な条項としてその条項が無効であるという主張も可能です(ただし、実際には、部屋のクリーニングなどは借主の負担とする裁判例もあるようです)。
質問者様が一般消費者として借りていれば消費者契約法10条の消費者に一方的な不利な条項として無効も使えますが、店舗として借りているなら事業者なので消費者契約法は使えません。
質問者様が部屋に大きな釘を打ったり、備品を壊したりと積極的に損失を生じさせたものは責任がありますが、そういうものがなければ敷金を全額返還せよと要求する権利があります。不当に差し引いて返還したり、全然返還しなければ、訴訟や調停で争うよりほかありませんが。

2014年10月17日 10時03分

相談者(291116)
梅村先生、回答ありがとうございます。

原則、老朽化した状態で返すのが原状回復なので、
それ以上のことをする義務はありません。
この言葉に少し安心しました。

借りる際には口頭で整備しています、の説明のみ、
業者立ち会いのもと動作確認をしたわけではないので
その点もしっかり言おうと思います。
(故障は借りる前からあった可能性もある)

都市計画での立ち退きなので
自治体からの補償はちゃんと出ているはずなのですが
賃貸契約書に備品の修理を特約事項に加えるとは
悪質なケースだと思います。

2014年10月17日 14時08分

この投稿は、2014年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 居抜き賃貸店舗の退去の際の原状回復と敷金返還について。

    居抜き賃貸店舗の退去の際の原状回復と敷金返還について相談です。 先日も相談させていただきましたが 言葉足らずでしたので改めて回答いただきたい事を箇条書きにしました。 居抜き物件で飲食業を営む個人事業者です。 都市計画での立ち退きがあり、自治体との契約は完了しました。 賃貸人との退去の際の原状回復と敷金返還で揉...

  • 老朽化を理由に管理会社から立退きを迫られているが従わないといけないのでしょうか?

    店舗の立ち退きを迫られています。 入居しているビルの管理会社より建物が旧耐震基準前(築40年程度)で 耐震補強工事が必要だが、維持が困難とのことで来年3月までに退去してほしいとの通知がきました。 賃貸の更新は今後一切行わないとの旨が記載してありました。 敷金は返すとの記載はありますが、補償や立退き費用については一...

  • 立退請求を受けている場合の賃料供託について

    立退請求を受けている場合の賃料の供託についての質問です。 小料理店を経営しており、賃貸人から半年後に明け渡してもらいたいと通知を受けました。 理由は、隣地と共に土地を売却したいのでとのことでした。 建物はそれほど老朽化しておらず、家賃の滞納もこれまでありません。 賃貸人からは、何が何でも明渡してもらうと強く言わ...

  • 賃貸借契約書の都市開発における立退きの記載内容について

    飲食店を経営しており、3年に1度の契約更新に行ったところ、今回は以下の内容を変更しました。と突然言われました。従前のものと変更がないと思っていたので、その場では契約書の印鑑を押さずに持ち帰ってきました。特記事項の都市開発による立退きのことが釈然としないためご相談させていただきました。 記載内容は以下の通りです。...

  • ■土地収用における賃借人との賃貸借契約解約について

    知人の所有している土地が道路拡張により自治体との交渉で、移転契約を締結しました。その所有している建物に賃借人がいますが、初めは、商売の経営状態が悪く家賃を下げてくれとの要求があり、それに応じないと今度は、土地収用での立ち退きを理由に、契約書の解約通知の6か月前通知ではなく、賃貸借期限よりも1か月も早く解約をしたい...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。