1. 弁護士ドットコム
  2. 不動産・建築
  3. 不動産契約
  4. 契約書
  5. 不動産売買の売渡承諾の破棄について

公開日:

不動産売買の売渡承諾の破棄について

2020年10月14日
ベストアンサー
当方不動産の買主です。
不動産の売買をするために買付証明を売主に提出し、売渡承諾をもらいました。

話が二転三転し不安だったので、売渡承諾は当方が作成したもので、

売渡承諾を破棄した場合買主が出費した一切の費用を売主が支払う。旨の記載があります。

予想通り、売渡承諾が一方的に破棄されそうな状況です。

そこで質問です。
①交通費は当然として実際には出費していない私の物件調査、契約書作成にかけた労働対価も請求しても問題ないでしょうか。
②売主が支払いをしなかった場合少額起訴するにあたり敗訴する可能性が高いか低いか


上記についてご教示頂けますでしょうか。
よろしくお願いします。
相談者(963843)の相談

みんなの回答

梅村 正和
梅村 正和 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県1 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
売渡承諾の内容は分かりませんが、
不動産を買いたいという申し込みをし、その申し込みに対して承諾すれば売買契約は成立したことになります。ただし、売買なので、売買代金や、何を売買するのか等が明確になっていなければ、何をいくらで売買するということが決まっていないので売買契約は成立していないと言えます。
売買契約が成立したのなら、売買契約で決めた解約方法でない限り、一方的に解約できません。契約不履行になり、そのために相手に発生した全損害を賠償する責任が発生します。
売買契約で決めた解約条項があるのであれば、その解約条項にある方法(違約金いくら払えば解約できる等)によって解約するのは自由です。
①契約が成立していたのか、成立していないにしても、成立に向かってどの程度、交渉が進んでいたか等によって違ってきますが、基本的には、故意や過失によって相手に損害を与えれば、その全損害の賠償責任があるので、無駄になった費用等が、相手の故意・過失行為(一方的な解約など)によって発生したのであれば、賠償請求が可能です。
②勝訴や敗訴の可能性は、これだけの資料では、契約が成立してるのか、していないのか、成立していないとしても、交渉がどれほど煮詰まっていたのか等が分からないので、判断困難です。

2020年10月14日 15時29分

相談者(963843)
梅村先生

ご返答ありがとうございます。
売渡承諾については
・価格(手付金と残代金の支払い)
・物件の特定
・契約日(●月中と日付までの明記無し)
・引渡し日(相談と明記せず)

については記載してますが、解除方法については記載しておりませんでした。

ただ、契約成立とみなされる可能性が高いという理解でよろしいでしょうか。

よろしくお願いします。

2020年10月14日 16時13分

梅村 正和
梅村 正和 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県1 不動産・建築に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
文書によって売買の要件(売買する物、売買代金等)が明確で、その文書から、「売ります」「買います」という合意があったことが読み取れるなら、売買契約成立ということになってくると思われます。合意があったと言い切れないような文章であれば、売買の交渉の過程での提案書(こういう条件なら売っても良い、あるいは買っても良い等)になる可能性があります。この場合、両者で話し合いで折り合いがつかなければ、契約が成立していたのかどうかを裁判所で争うということになってきます。

2020年10月15日 11時03分

この投稿は、2020年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

価値の低い不動産を相続したくない…どうすればよい?

駅から遠い古びたマンション、荒れ放題の土地…。亡くなった人の財産の中に、こうした売ってもほとんどお金にならなさそうな不動産がある場合、むしろ「...

この相談に近い法律相談

  • 入居直前に大家から入居拒否を受けた時の損害請求

    賃貸物件の借り主側のほうです。急いで引っ越しをしたいということで先日新しい部屋の契約書を書き、手付金を払い、保証会社の審査が終わり、入居日が決まりました。その後大家のほうから入居3日前になり一方的に突然キャンセルしたいと申し出がありました。 保証会社の審査も通ったため、入居日の翌日に退去することにしており、引っ...

  • 仲介業者に賃貸契約書を紛失された場合、損害賠償請求は可能ですか?

    昨日も相談させて頂きました。 転居して4ヶ月目にはいります。   実は仲介業者から賃貸契約書を未だ頂いておりませんでした。 本日、仲介業者店長様より、ご連絡頂きましたところ 私を担当していた者が退職され、その後 私に渡されるはずの契約書を紛失しているとの事です。 もちろん退職された担当者にも連絡をとり 探してく...

  • 賃貸マンション家賃滞納による強制退去について

    賃貸物件の強制退去についてご質問があります。 会社の解雇により現在家賃を3ヶ月(8.9.10月分家賃)滞納しており保証会社から度々電話や週1〜2回の訪問がありますがすべて応答していない状況です。 9月中旬に保証会社の顧問弁護士から賃貸借契約解除通知が送られたようですが書留郵便のため受取っておらず内容は確認できていません。 ...

  • 手付解除による仲介手数料について

    以前ご相談させて頂いたのですが、ご意見をお聞きしたく書き込ませて頂きました。 先日土地の売買契約を結んだ後に、手付放棄による契約の解除を申し入れたところ、仲介業者に仲介手数料の全額請求をされました。業者の言い分としては、仲介手数料を全額支払うという旨が書かれている支払い約定書にサインをしたからというのですが、...

  • 契約書なしで土地を貸してます。

    親が契約書なしで30年ぐらい土地を貸してます。昔は商売をしてましたが、今は閉店しています。今は空き家状態です。しかし、地代が安いのと場所がいいので、借り主はまた商売するか、他人に貸したいらしいです。親の老後資金のために地代を上げるか、もっと高い地代を払ってくれる人に貸したいです。今後相続する場合にトラブルにならな...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。