土地売買契約解除による手付金と仲介手数料返還

5年後に売却することを見据えて、土地を探していました。業者が安く仕入れたと言った言葉を鵜呑みにして、見学を行った当日に土地の売買契約をしてしまいました。

当日契約をしたのは、私たちよりも先に申し込みをしようとしている人がいて、私たちが手付金を払えば優先順位を逆にして申し込みさせることができると言われたからです。急にまとまったお金を用意できないと伝えたら手付金は50万円でいいと言われ、当日ATMへ行ってお金を下ろし手付金を払いました。契約は21時からしたことと、子供の面倒を見ながらの物件巡りと契約で業者の説明だけを聞いて契約を締結してしまいました。

翌日旦那が契約をした土地の実勢価格などを調べると、購入した金額よりも1000万円安いことが判明。したがって契約解除を申し出ました。そしたら、契約時に説明がなかった、手付金解除には手付金放棄の他に仲介手数料も必要と言われました。手付金と仲介手数料併せて200万円。

安く仕入れたから高く売れると言われて契約したのに、実際は違っていたし、手付金解除の際は仲介手数料も払わなければならない説明も一切受けていません。

どうすれば手付金と仲介手数料は返ってくるでしょうか。二回不動産屋に足を運んでいますが、契約書にサインしてあるからと言う理由で折り合ってもらえません。
2019年05月20日 23時52分

みんなの回答

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 不動産・建築に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
> どうすれば手付金と仲介手数料は返ってくるでしょうか。

基本的には、契約をしたのであれば、それを手付解除するには手付を放棄する必要があります。
仲介手数料ですが、業者が安く仕入れたとありますので、売主は業者なのでしょうか。その業者から直接買ったのであれば、仲介手数料はかからないはずですが、そのあたりよくわかりませんでした。
なお、その業者が購入にあたって虚偽の事実を伝えたのだとしたら契約を取り消せる可能性もありますが、特に証拠として残っていなければ、言った言わないの話になるかもしれません。

2019年05月21日 04時14分

菅野 光明
菅野 光明 弁護士
不動産・建築に注力する弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
売主はどなたでしょうか。「業者が安く仕入れた」ということですから、当該業者でしょうか。そうだとすると仲介業者は別の不動産業者でしょうか。
契約時の重要事項説明はされているでしょうか。不動産業者(宅建業者)が売主であれば、仲介業者だけでなく、売主からも重要事項説明が必要です。
重要事項説明の対象には、契約の解除に関する事項も含まれます。
作成した書面(契約書、重要事項説明書等)にどのようなことが記載されているかが重要ですので、書類をもって弁護士に相談することをお勧めします。

2019年05月21日 08時44分

この投稿は、2019年05月20日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,702名の弁護士から、「不動産・建築に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 手付解除による仲介手数料について

    以前ご相談させて頂いたのですが、ご意見をお聞きしたく書き込ませて頂きました。 先日土地の売買契約を結んだ後に、手付放棄による契約の解除を申し入れたところ、仲介業者に仲介手数料の全額請求をされました。業者の言い分としては、仲介手数料を全額支払うという旨が書かれている支払い約定書にサインをしたからというのですが、...

  • 土地家屋の売買契約書を契約仲介者が返還しない

    母名義の土地と私名義の家の売買契約書を契約と税務処理を税理士に仲介した者が半年たっても返還されていません。 返還請求しても返さない場合、窃盗犯として警察に通報できるものでしょうか?

  • 売買契約の手付金はどんな場合でも戻ってこないですか?

    マンションの重要事項説明から契約まで、販売代理人は相方を中心に話をしていました。相方は今回が2回目の住宅購入なので、「2回目だからご存知ですよね」といい、説明を飛ばしていきました。なので、一緒に住むことになる私にはキチンと対応せずロクに説明もしないままです。 販売代理人も私が同居することを知っています。 マ...

  • 土地売買契約、工事請負い契約を解除したい。

    3週間前、土地売買契約書と工事請負契約書に同時にサインしました。手付金をそれぞれ50万円づつ支払いましたが、色々考えて、契約時の総額がやはり高く家を建てることを躊躇しています。手付け解除したい場合、書類には『売主は買主に受領住みの手付金の倍額を支払い又買主は売主に支払済の手付金を放棄してそれぞれこの契約を解除する...

  • 仲介業者を通しての不動産売買契約について。

    当方は40年以上経つ土地物件を売ろうとしている者です。 【不安材料】 ・仲介業者の経験の少なさ(会社自体の業界歴も担当者の経験も浅い) ・買主も仲介業者と関わりのある不動産業者である 【質問】 ・再建築不可物件で制約の多い物件なので、見せてもらった契約書に 簡単な記載はあるものの、後々トラブルになることが不...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。