囲繞地通行について揉めています

囲繞地通行についての相談です。

我が家は築26年ほどで、分譲された土地を購入しました。しかし公道には面していなかったので、土地購入時に地主や仲介者から分譲された土地への私道の通行を保証するという誓約書を交わしています。
よって、ずっと無償で通行していました。

今回私道の地主が亡くなって遺産相続でその方の息子が地主となったようです。
家のゴミポストに年末ごろ私道の通行している土地を買わなければ、封鎖すると手紙が紐で括り付けてありました。連絡をとり一旦こちらとしても購入する意思を示したのですが、相手から時期や契約書のが来なかった為待っていました。

先日突然電話があり、もう土地は売らない。来月閉めると言われました。

そう簡単に側道を作れるわけではなく、また当方家族に車椅子で体が不自由な人までいるため車通行は不可欠です。

この問題をどう解決したらよいか、教えてください。


2019年04月29日 21時39分

みんなの回答

梅村 正和
梅村 正和 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県1 不動産・建築に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
土地の分筆の経緯によりますが、
囲繞地通行権を理由として閉めることを禁じる請求を
裁判沙汰(調停や訴訟)にしてするしかないかもしれません。
無道路地であれば囲繞地通行権自体は裁判で認められるはずです。
裁判の種類としては、個人で遂行するのは難しいところがあるので弁護士に依頼すべきかもしれません。少なくとも図面、公図など土地に関する資料を持って直接相談しが方が良いです。

2019年04月29日 23時40分

相談者
回答ありがとうございます。
もし調停をするとなると、どのような手順を踏むのでしょうか?またどのタイミングで調停を申し立てるとよいのでしょうか?

2019年04月30日 16時20分

梅村 正和
梅村 正和 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県1 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
調停の申立書を裁判所に提出することになりますが、
弁護士に依頼しないのなら
ネットや本で調べて作成することになります。
申立書の内容によって添付資料(訴訟の証拠に当たるもの)も提出します。
タイミングは人によって違うでしょうが、
何らかの要求をする側が始めなければ、要求される側から調停の申立てや訴訟提起をしてくれませんので、何もしなければ、しない間は何も変わらないということになります。

2019年05月03日 00時08分

この投稿は、2019年04月29日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 文筆された袋地の通行権解消

    文筆された土地AとB公道に面しているAが先に住宅を建て、数年後に袋地のBが住宅を建てるために必要な書類にAの敷地内を通る書類の作成と同時に、Aからの要請で、住宅完成後の敷地内の通行を承諾しない旨の書類を交わしたそうです。私の住宅は、AとBの敷地に隣接し当時の工事車両の通行から始まって私の敷地を通って公道に出てい...

  • 無償の建物賃貸借契約書

    無償の建物賃貸借契約は、借地借家法の適用を受けるものなのでしょうか? それとも民法上の使用貸借として、みなされるのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 地主と借地人の共同売買の契約書

    土地建物を地主と借地人で第三者に共同して売却する予定ですが、地主と借地人で借地権の割合を決めるのに相当の期間がかかりそうなので、1枚の土地建物売買契約書により売主を地主と借地人の連名で契約することは可能でしょうか。宜しくお願い申し上げます。

  • 底地業と思われる新地主への対抗処置方法

    私が住む家屋は、父親か約80年前より、借地として借受、20年前に私が一部相続をした土地です。 本年4月突然、地主より本土地を底地業に売り渡したとの通知がありました。 旧地主との契約期間は、一回の更新後、現在の契約期間は、平成33年5月30日までとなっています。 当然、私は新地主にこのまま継続していくとの意思表示...

  • 借地権譲渡で建物を解体後に地主(買取側)に引き渡す場合の契約書

    借地権付き建物を地主に売ることとなりました。地主は、建物を当方(借地人)で解体することを条件として要求しています。この場合、建物所有権移転登記と残金支払の同時手続きとなりません。建物滅失後、買取側の契約不履行に対抗するために、手付金以外の残金の受領と解体滅失のタイミングなど、契約書に明記すべき事項を教えてくださ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。