契約の効力は登記に準拠するか?

とある企業と以前に交わした契約について、契約書上の企業の住所地を登記簿謄本で確認したところ、別名の会社名義で閉鎖になっておりました。契約当時からもその状態であったようです。
(最近交わそうとした書面についても契約書に記載された企業の住所地は特に変わっていないようです。)

その企業が契約を交わす時は常にその住所地になっていることが推定されるのですが、その住所地にはその企業が登記簿に記された事実はありませんし、登記されていないということは会社ですらないということになるでしょうか。
しかしながら、別の土地に同名のその企業が登記されていたとします。
企業名は同じであったとしても、契約書に記載された住所地はその土地ではありません。

このようなケースでその契約は有効と言えるのでしょうか?
住所地、代表者、企業名などから契約が特定出来れば有効となるのでしょうか?
代表者、企業名が一致したからと言って、同一の会社とは一概に言えない気がするのですが…(企業から独立した元代表者個人が同名の会社を別の所轄地で設立することもあり得ますし)
2019年02月14日 23時47分

みんなの回答

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 不動産・建築に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
> 住所地、代表者、企業名などから契約が特定出来れば有効となるのでしょうか?

その住所地代表者企業名等から特定できればよいですが、会社の同一性に疑問が出てくると、無効の可能性もないではありません。

2019年02月15日 02時40分

この投稿は、2019年02月14日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 契約書を交わさないことを理由として、口頭の賃貸借契約を解除することは有効か。

    先生方、ご教示ください。 自身が貸している事務所を借りるとして申込みがあり、手続きについては管理会社と行ってくださいといって、相手方と管理会社に連絡し、双方も連絡を取り合っていましたが、2か月が経って、代表者が変わるなどとして賃貸契約書を交わそうとせず連絡が取れなくなったと管理会社から連絡があり、こちらから連...

  • 壁の構造を正しくしりたい、「建物賃貸契約書」と「登記簿標本」どちらが正しい?

    賃貸の契約を進めて、建物賃貸契約書に「鉄骨造」との記載がありました。 私はずっと「鉄筋コンクリート」と説明を受けていたのでおかしいと思い、仲介不動産屋と管理会社に確認をもとめました。 ともに答えは「登記簿標本」に鉄筋コンクリートと記載されているので、建物賃貸契約書の鉄骨造が間違いで鉄筋コンクリートであるとのお...

  • 住所が間違っている契約書は無効?有効?

    契約書に記載されている住所が間違っているのですが、このような場合は、契約書は無効になるのでしょうか。 具体的には、【東京都○○区◆◆町1-1-1】の中の【○○区】が抜けている状態です。 とりあえず、先方に連絡をして修正をしてもらいますが、現状(住所が間違っている状態)で契約書は有効なのかどうか参考までにご教示頂ければ...

  • 印鑑証明書のない不動産贈与契約書について登記するには

    20年前に土地、建物の贈与契約書を結んでいたのですが、贈与側が死亡してしまいました。 贈与の登記はしてません。 この贈与契約書は実印で押印してもらって、 印鑑証明書のコピーはもらっています。 登記するには裁判しなければならないのでしょうか?

  • 賃貸契約に関する、虚偽の契約書を交わされそうです。

    短期契約(4か月)のリゾートマンション賃貸の申込みをしました。 その後審査OKとなり、契約するための話が進んでいました。 しかしいざ契約するとなった時、申込時と契約時に差異があり、 契約時にいきなり「室内禁煙」を言い渡されました。 仲介業者に禁煙は困る旨伝え、オーナーさんに換気扇下なら少しなら喫煙OKとの承諾を得て...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。