賃貸マンション家賃滞納による強制退去について

公開日: 相談日:2017年10月11日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

賃貸物件の強制退去についてご質問があります。
会社の解雇により現在家賃を3ヶ月(8.9.10月分家賃)滞納しており保証会社から度々電話や週1〜2回の訪問がありますがすべて応答していない状況です。
9月中旬に保証会社の顧問弁護士から賃貸借契約解除通知が送られたようですが書留郵便のため受取っておらず内容は確認できていません。
すると本日保証会社訪問があり玄関ドアに明渡通知書がありました(直接は応答していません)。
明渡通知書には以下3点が明記されていました
1. 顧問弁護士から送付した賃貸借契約解除通知に記載の支払い期日までに支払いがされなかったので、本日付で賃貸契約を解除すること
2. 10日以内に物件を明け渡すこと
3. 契約解除日翌日から明渡完了日まで賃料の倍額を支払うこと

その他の現状は下記の通りです。
・貸主はマンションの管理会社(保証会社とは別)で法人です。
・家賃滞納及び明渡に関する連絡はすべて保証会社及び保証会社の顧問弁護士からしかきていません。
・賃貸契約書には、「2ヶ月以上家賃を滞納した場合は契約を解除すること」「契約解除と同時に物件を明け渡すこと」「契約解除日翌日から明渡完了日まで賃料の倍額を支払うこと」は明記されています。
・賃貸契約は先月9月上旬までの2年間で、更新料を支払いができていないため、更新契約は交わしていない状況です。(今のところ更新料の請求や更新ができていない旨の通知は来ていません。)

そこで以下の点をご質問いたします。
1. もし10日以内に退去しない場合は、強制的に部屋に入られて、荷物の処分及び退去させられても致し方ないのでしょうか?
2. もし10日以内に退去しない場合は、部屋の鍵を強制的に変えられるなどして入室できなくなっても致し方ないのでしょうか?
3. そもそも契約更新ができていない状況なので、私が契約もないのに無断で住んでいる状態に当たるのでしょうか?
4. 仮に法的に10以内に退去の必要がなく、裁判で決定してから退去となる場合、裁判開始から強制退去の決定まで、どの程度の日数になるのでしょうか?
5. 契約解除日翌日から明渡完了日まで賃料の倍額を支払うことは、賃貸契約書に明記されているので致し方ないのでしょうか?

私が悪いことはわかっているのですが、ご回答どうぞよろしくお願いします。

593737さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    兵庫県2位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    判決等に基づき、強制執行を行う必要があり、私的に荷物の処分を行ったり、鍵を換えることは不法行為に当たり、むしろ当方が相手方に対して、損害賠償請求を行うことができます。

    ただし、契約の解除が有効であれば、こちらは使用権限なく部屋を使っていることも確かですから、賃料相当損害金の支払が必要となります。

    判決確定から退去までの期間は、ケースバイケースですが、いきなり明け渡しではなく、まずは執行官が「いついつまでに退去するように」との張り紙を行い、その日に明け渡しがなければ強制執行を行うという手順で進みます。

    当方が消費者の立場で契約をした場合、賃料相当損害金が賃料の倍との点は、消費者契約法に反した、一方的に消費者に不利益な条項として、無効である旨、争うことが考えられます。

  • 相談者 593737さん

    タッチして回答を見る

    大岩先生
    ご回答誠にありがとうございます。
    追加のご質問で恐縮なのですが、
    そうすると現在の私の状況として、契約更新ができていないので契約期間から外れていると思うのですが、その状況でも退去せず、裁判にしてほしいと主張することは、有効なのでしょうか?
    よろしくお願いいたします。

この投稿は、2017年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「契約書」に関する情報をわかりやすく解説した法律ガイド

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから