不動産の契約書の署名と捺印について

訴えれてます。民事です。私は何もしていないのに訴えられてる内容の問題を
全て私がしたことだと濡れ衣を着せています。
理由は裁判に勝つために自分の主張を通しています。
裁判偉至った経緯は明らかにその方に原因があるのは明らかです。
その相手をこのまま黙って見過ごす訳にはいきません。
訴えたいと考えていますがどのようにしたらいいのかわかりません。

自分の間違いを顧みず平気で嘘をつく。
自分の徳ばかり優先して主張する。
アドバイスをお願いします。

2017年09月28日 14時59分

みんなの回答

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ありがとう
具体的事情次第です。
損害賠償請求ならば、それをした方が立証しなければならないので、相手の証拠に対して反論していくことになるでしょう。

2017年09月28日 15時07分

相談者
岡田先生 有難うございます。
証拠は全て持っております。
約2年どれだけ相手の都合のいい自己主張と身勝手さ、無責任、で振り回されて精神的苦痛を感じ、
メールと電話で神経が落ち着きませんでした。
今後どのようにしたらいいのでしょうか?

2017年09月30日 13時13分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ありがとう
メールと電話の件数次第です。
百件に上る電話など、極端な場合は、慰謝料が認められたことはあります。

2017年10月01日 07時21分

この投稿は、2017年09月28日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 親権者変更。又こちらが不利になっている状況なんですか?

    いつもお世話になっております。 3週間程前に調査報告書ができ閲覧しました。内容は親権を変える必要はないとの事でした。 そして2日前に裁判所に行き審判が下るものだと思っていたらその日は下りませんでした。裁判官は申立人側に「審判は調査報告書を基準にだすつもりだから、次回までに訴えを取り下げるのか反論を繰り返すのか決め...

  • 債権回収の陳述書の書き方

    本人訴訟を起こそうと思って、陳述書を作成中です。 元カレに貸してたお金の裁判ですが、合計66回に分けて貸していたのですが、内容を覚えているものもあれば、忘れてしまっているのもあり、やはり陳述書は一回一回のやり取りが詳細に書かれてる内容じゃないとダメなのでしょうか? どうしても思い出すことが出来ない場合、どうすれば...

  • 裁判の内容を他人に話してはいけないのでしょうか。

    裁判相手Aが陳述書でBから聞取りをしたものを提出しているのですが、Bを相手に裁判を起こした際にAが作成したその陳述書を使ってもいいものでしょうか。また、提訴以前にAの陳述書で書かれている内容についてBに問い合わせをするということも法律上問題があることでしょうか。

  • 相手に送った内容証明の書き間違い。法廷において訂正できるか?

    訴訟相手に送った内容証明に書き間違いがあり、真意とは180度逆の表記になっていました。 (否定形の否定形、のような、ちょっとややこしい表記になっています) その結果、自分に非があり、相手には非が無いかのような記載内容になっています。 しかし、よく読めば、それが書き間違いであり、全体を通して読めば、一貫して 「...

  • 当事者尋問を前にした準備について

    相手方が証人の陳述書を提出しました。次回までに、相手方がこちらの書面に反論すること、請求原因を具体的に明らかにすること、こちらの釈明の求めに答えること、など、相手方ばかり「宿題」がでました。 こちらに対しては、「特にないが、ご自分への私(裁判官)からの尋問を希望するのならば、その質問を考え始めるように(次回で...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。