手付解除による仲介手数料について

公開日: 相談日:2017年06月05日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

以前ご相談させて頂いたのですが、ご意見をお聞きしたく書き込ませて頂きました。

先日土地の売買契約を結んだ後に、手付放棄による契約の解除を申し入れたところ、仲介業者に仲介手数料の全額請求をされました。業者の言い分としては、仲介手数料を全額支払うという旨が書かれている支払い約定書にサインをしたからというのですが、媒介契約書には手付解除時の支払いについては書かれておりません。また契約解除時の仲介手数料の支払いの説明は受けておりません。お恥ずかしながらいわれるがままにサインをしてしまいました。

解除時にかかる手数料については何も説明もなく、言われるがままにサインをしてしまい、こちらに控えも渡されなかった場合でも支払い約定書の効力は強いのでしょうか?また、媒介契約書には解除にかかる金額のことが書かれていないのですが、この場合は契約書と約定書どちらが効力が強いのでしょうか?

仲介手数料を支払うのは納得していますが、このまま業者に全額を支払うのは納得がいきません。

556851さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都4位

    原田 和幸 弁護士

    注力分野
    不動産・建築
    タッチして回答を見る

    > 解除時にかかる手数料については何も説明もなく、言われるがままにサインをしてしまい、こちらに控えも渡されなかった場合でも支払い約定書の効力は強いのでしょうか?

    言われるがままとありますが、サインをした以上は内容を確認していないとの主張は通りづらいと思います。
    控えを渡されなかった点についても、効力自体に影響を及ぼすものではないと思います。

    また、媒介契約書には解除にかかる金額のことが書かれていないのですが、この場合は契約書と約定書どちらが効力が強いのでしょうか?

    その媒介契約書や約定書の内容にもよろうかと思います。
    一度お近くの弁護士にその書面等をもって、相談に行ってみてもよいと思います。

  • 弁護士ランキング
    東京都1位

    齋藤 健博 弁護士

    注力分野
    不動産・建築
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    仲介手数料を支払うのは納得していますが、このまま業者に全額を支払うのは納得がいきません。

    本ケースは、裁判例でも結論が分かれていて、判断が難しい
    案件です。
    考え方をお伝えします。
    一方では、契約が成立し、宅建業者に落ち度がないのであれば、
    宅建業者は全額の報酬を請求できるという考え方もありえます。
    他方、当事者の目的が達成されていない以上、減額を
    主張できる可能性もあります。

    落としどころとしては、このケースについて、業者から
    説明を受けていなかったこと、契約の目的が達成されなかったことなどを理由として、半額程度の減額を要求することが考えられます。

    ご参考までに。

この投稿は、2017年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから