不動産担保トラブル、母親が売却に対して反対しているのと、名義を変更しようとしています。

公開日: 相談日:2020年12月14日
  • 1弁護士
  • 1回答

私が亡き父から相続した土地、建屋があります。それは父が亡くなってから私の名義に変更しました物です。今回、事業資金を捻出する為に土地と家を担保にお金を借りようとしたのですが、母親がこの土地と建屋を担保にしてお金を借りる事は許さないと言い出し、もう一度、名義を全部母親に変えると言い、とても困惑しています。この土地、建屋には、私と母が住んでいまして。新規事業立ち上げに向け、事業計画を立てていた所です。
母親は2800万から3000万の価値のある、土地と建屋を売買する事は許さないから、200万円払うから出て行けと言っておりますが、従わなくてはいけないのでしょうか?建物所有者である私の権利はどうなるのでしょうか?建物を私の名義にするに当たり、法律的なことはクリアしています。私は何をするべきでしょうか、お教えください。

980054さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    「私の名義に変更した」というのが,あなたが単独で相続する登記を法務局で完了したという前提でお話しします。(市町村の固定資産税の支払い義務者の手続きを相続登記と混同している人がたまにいるので,念のための前提です。)

    あなた名義の不動産に抵当権をつけることについてお母様は妨害できないし,今から相続登記をやり直してお母様名義に変更することもできないでしょう。「200万円払うから出ていけ」にも根拠がありません。そもそもお母様の賛同を得る必要がないのですから,あなたとしては,淡々と融資の手続きを進めればよろしいかと思います。

この投稿は、2020年12月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから