【過去の家賃滞納について】

【過去の家賃滞納】(私の妻の話です。)
2014年の6月から一人暮らしの為に、アパートを借りていたとのことなのですが、
2014年12月頃から2015年5月頃まで家賃を滞納していたとのことです。特にその当時、書面や架電による支払確認や、
その後も本人への内容証明郵便での
督促状や保証人(妻の母)への督促なども
なかったようです。
その翌月からは普通に家賃の支払いは
出来ていたとのことです。
そして、私との結婚が決まり、
昨年の8月にその期間の滞納分のことが気になり、
賃貸人であるA社に問合せをしたらしいのですが、担当者に告げると「今は出先だからわからないので、後日折り返す」と言われ、その後折り返しの電話はなく、改めて妻からA社の事務所にかけると、不在であったり、担当者にかけてもまた出先なのでと言われて、その後何も連絡が取れずにいるとのこと。

以上の内容なのですが、
本人曰く今もなおその時の家賃の滞納分の支払いは出来ておらず、担当者やA社との連絡は取れていません。
今、現状としては、どうにも動くことが出来ず、大変困っております。
妻はどうしたら良いのでしょうか?

ご享受願えますでしょうか?
よろしくお願いします。
2019年08月03日 17時21分

みんなの回答

甲本 晃啓
甲本 晃啓 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都3 不動産・建築に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
やるべき事をやったのですから、相手から連絡がなければ、このまま何もしなくて良いです。
家賃は5年で時効にかかります。もし、真実として滞納があれば、2014年12月頃から2015年5月頃の家賃とのことですので、2019年12月頃から2015年5月頃にそれぞれ時効を迎えます。時効にかかったものは支払を拒絶できます。

しかし、2点でとても違和感を感じます。1点目は半年も滞納していたら、通常は追い出されるからです。2点目は、(いつその物件をお出になられたのかが記載されていませんが)退去時に滞納があれば、きちんと請求を受けるはずだからです。敷金精算は滞納があれば、それを考慮してなされますので、退去時の精算書類をまずは確認をしてください。疑う訳ではありませんが、かなりのレアケースです。いくらかでも敷金が戻ってきていれば滞納はなかったと思います(保証人が払っていたという可能性もありますし)。

2019年08月03日 18時50分

この投稿は、2019年08月03日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 競売で購入したマンションの滞納管理費について

    滞納した管理費等があり、その一部が前所有者により入金されていた場合、入金された時点の管理等の滞納額全てについて時効の中断がされますか?それとも、支払い対象となった過去の月(例えば、23年8月の管理費の一部を支払っていた場合、23年8月)の管理費のみ、時効中断となりますか?

  • 家賃滞納にて民事不介入のはずが警察が関わってる事について

    数ヵ月前に私と主人がお恥ずかしながら逮捕され私は執行猶予でしたが主人は実刑で弁護士費用等で家賃が現在1ヶ月遅れているのですが本日家に保証会社の担当と警官が来ました。その後、所轄の警察署の刑事課から着信があり話したい事があると留守電に入ってましたが民事不介入ではないのでしょうか?ちなみに生活安全課ならともかく何故...

  • 契約時より太陽光の売電価格が説明もないまま下がった。

    2015年11月に新築を契約し、2016年7月に大手ハウスメーカーで新築を建てました。 契約前に年間売電価格のシミュレーションを出され内容に納得し、契約を結びました。 太陽光10kw以上設置で20年の価格固定を保証します。とのことだったので、約20kwを屋根に設置しました。 途中電力の自由化などがあり、引渡しまで何回か売電価格に影...

  • 家主が賃貸借契約書を紛失。こちらから解除する旨の書面を送付する場合の書き方は?

    新しい相続人である家主が、我が家が6年借りている賃貸借契約書を紛失したと言っております。 今年3月いっぱいをもって、契約解除したいのですが、 1「合意書」でよいのか、「解約通知書」でよいのか? 3 我が家は賃貸借契約書を持っていますが、賃貸人が未だ故人のままで、書き換える事も拒み続けていますが、今現在も、家賃...

  • 不動産売買契約の解釈について

    不動産売買契約特約の内容です。 売主は本物件引渡時までにその責任と負担において本物件上に存する建物、工作物、立木、庭石、門扉等外構、土間コンクリート、地中内残存物等(浄化槽及び地盤調査や建築時に影響を及ぼすガラ石や既存杭も含む)を解体撤去し、建物の取壊し証明を取得の上、引渡しまでに買主へ交付するものとします。 ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。