建売住宅の広告と内容について

公開日: 相談日:2019年02月20日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

インターネットで建売住宅を見つけ購入予定のものをです。
広告の物件概要欄の 『設備』には [電力会社名]・公営水道・公共下水・プロパンガス と記入されているにもかかわらず、いざ契約の段階になったら物件価格にLPGの消費・供給設備の価格は含まれておらず、プロパンガスの配管等の消費設備はプロパンガス会社の所有となり貸与契約を結ぶようになると言われました。(実際には無償貸与契約という形で15年は解約時に違約金を取るみたいです)、当方としては、3000万も出した家なのに、ガスの消費設備だけ自分の物では無く貸与契約ということに違和感を覚える他、広告で全くそのようなことを記載していないのに契約の段階で突然そのようなことを言う不動産会社に不信感を抱きました。ちなみに網戸・カーテンレール・キッチン吊戸はオプション なんて記述はしっかりあります。
広告の物件概要・設備の中にプロパンガスと記入されているにもかかわらず、物件価格にガス配管等の消費設備代金は含まれていないという掲載方法は違法ではないのでしょうか。
物件概要の中に 『LPG消費設備等については物件価格に含まれておりません。別途プロパンガス会社への支払いと契約が必須となります』くらいの文言が欲しいと思うのですが、私がおかしいのでしょうか。

765612さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    京都府5位

    高谷 滋樹 弁護士

    注力分野
    不動産・建築
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    > 広告の物件概要・設備の中にプロパンガスと記入されているにもかかわらず、物件価格にガス配管等の消費設備代金は含まれていないという掲載方法は違法ではないのでしょうか。

    誤認するような表示は問題があります。

この投稿は、2019年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す