桜の木の根っこで、崖の上の隣宅が地盤沈下の恐れ。桜の木が伐採出来ない土地は売買出来ますか?

公開日: 相談日:2015年12月08日
  • 1弁護士
  • 3回答

自宅の後ろは、庭で30年前に植えた桜の木が大きく育ってます。桜の木の裏はコンクリートの垂直な崖が4m位あり、その上には一軒家が二軒ならでます。

最近、庭を整備するのに、桜の木を取ることにしましたが、業者が見学にくると、桜の木の根っこが崖の下から崖に入り込んで、桜の木をとることで、崖が崩れるから桜の木にはさわれないと言われました。

いつか将来的には、売る予定の土地ですが、桜の木を残したまま売れるでしょうか?土地は商業用の並びで、これから家をたてるにしても、桜の木を倒せない事を隠して売れるでしょうか?

また、崖の上の方には、桜の木の根っこが腐り、万が一地盤沈下が起きた時に損害賠償請求されるのでしょうか?

406980さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    愛知県8位
    タッチして回答を見る

    売れるか売れないかは通常の売買のことなので、そのような状態でも買いたいという買主が現れれば売れるし、現れなければ売れないということになります。
    通常は、桜の木が土地利用に支障があるなら、それを取り除くことを条件とされるか、あるいは、それを取り除く費用を売買代金から控除して売買契約することになりますから、その桜の木を伐るのにいくらかかるかとか、その桜の木を伐ったらどうなるかなどは売買契約する前に明らかにする必要が生じるでしょう。
    また、その桜の木が原因で誰かに損害を与えた場合、竹木の栽植又は支持に瑕疵(欠陥)があったために誰かに損害を与えれば損害賠償責任が発生します(民法717条2項)。

  • 相談者 406980さん

    タッチして回答を見る

    回答ありがとうございます!
    桜の木の処理がないと、買い手がつきにくいと思うのですが、伐採となると、業者が嫌がりました。崖の上の方には言ってません。
    去年、崖の所有が上の方なのですが、一部コンクリートが崩れてたので、修理されてました。今、桜の木の根っこが原因だとなれば、修理代の請求されますよね?

    桜の木の根っこが腐れば、崖が崩れる可能性があると、業者に言われました。今は健康な桜なんですが、上の住居の方に危険かもと言わない方がいいですよね?

  • 弁護士ランキング
    愛知県8位
    タッチして回答を見る

    桜の木の欠陥によって第三者に損害が発生すれば損害賠償義務を負うことになります。
    具体的な状況が分からないので、何とも言えませんが、
    もし、重大な損害を起こす可能性があるなら、放っておくのではなく何らかの対処が必要になるでしょう。
    また、外観上、危険性が目に見えるなら、相手の方から妨害予防請求などの名目で危険を除去するように請求されたり、場合によっては訴えられる可能性もあります。

  • 相談者 406980さん

    タッチして回答を見る

    ありがとうございます!
    最後に、もう一度質問させて下さい!

    崖の所有者は崖の上の方の分です。崖の下の自宅の庭木の根っこが、崖に入り込ん部分の管理は、誰の責任になるでしょうか?

    根っこは見た目では、崖の下に入り込んでいるのが、分かりません。庭木の専門家が見ると、土の中から崖の中に根っこが育ってるそうです。境界線を越えてる事になりますが、上の方に判断してもらうべきでしょうか?

  • 弁護士ランキング
    愛知県8位
    タッチして回答を見る

    自分が所有する木の根が他人の土地に侵入しているのですから、その土地の所有権を侵害していることになります。
    なので、木の所有者による他人の土地の所有権侵害です。
    根の場合は、隣地から生えてきたものは所有者に無断で切り取ってもかまわないですが(民法233条2項)、除去するのに費用がかかるのであれば費用などを請求されるおそれもあります。

この投稿は、2015年12月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す