1. 弁護士ドットコム
  2. 不動産・建築
  3. 不動産契約
  4. 土地売買 取引について

公開日:

土地売買 取引について

2015年07月01日
 取引について質問します。二つの土地を売ろうと考えています。(広い土地と狭い土地がありますが、私道を挟んですぐ隣同士です)
 業者Aの新しい買い主の責任者(責任者2)と前買い主の責任者(責任者1)が、前の買い主が支払った手付金の百万円を違約金とし、返さずに前買い主に放棄してもらい、新しい買い主への段取りをつける模様です。「検討してみます」と責任者2がおっしゃいましたが、口頭での説明から狭い土地の購入は業者Aとして渋っている様子。一応こちらも、「もし次の買い主が狭い土地も購入されるなら、駐車場として用いてほしい」と言いました。
 業者Bの責任者(責任者3)のほうは、昨日測量の業者が狭いほうを計っていました。母が電話すると、「二人購入したいと言っているが、まだシュミレーション中」とのこと。業者Bは、元々広い土地と狭い土地のセットで購入したいとの申し出なので、今のところどちらが最善策なのか、どちらを蹴るか迷っている状態です。「条件としては、業者Bのほうがいい」と、母にひとつの意見として述べました。
 生前父が所有していた土地を、母の名で名義変更済みです。母子とも迷っているので先生方の助言があると、大変助かります。よろしくお願いします。
相談者(364144)の相談

みんなの回答

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
ご質問の内容は
業者Aは違約金100万円をあなたの方で受け取れるけれども
小さい土地は購入しない
業者Bでは、違約金は取れないけれども小さい土地も
併せて売れる
けれどもどちらの業者に売った方がよいかという質問ですね。

小さい土地が売れ残った場合
買う人がいるのか
いないときにあなたが小さい土地を駐車場などで利用することが
できるのか
ということと
100万円を受け取るのは
どちらが得か
という話だと思います。
小さい土地を売却することが
100万円を受け取るよりも
メリットが大きいと考えれば
Bに売るということになると思います。
逆に小さい土地が売れなくても
利用価値があるのであれば
100万円を受け取れるAの方がよいということになるかと思います。

ということですね。

2015年07月01日 17時29分

この投稿は、2015年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 土地売買 念書隠ぺい

    不動産売買に関してです 土地を購入しました いざ、住宅を建てようと計画したところ、 その土地は以前に○○不動産(A)と市とのあいだで、 Aにて区画整理を行うから、公共桝の設置費用はAが持つ、 という念書を交わしていた土地でした その土地が区画整理されず、Bに売買され、その2年後に私が購入しました 不動産売買の時...

  • 孤独死 不動産取引について

    不動産業者です。土地分譲をしてます。私が分譲する土地が、アパートを更地にして分譲する計画ですが、そのアパートに孤独死があり、発見が死後3.4カ月経過してます。更地にして販売してるので説明する理由がないと私は思ってますがどうでしょうか?

  • 土地移転・土地使用権の質問です。

    昔、土地を購入しました。購入した土地以外に道路に面したところがあり、売主からそこは使っていいといわれていました。人が通ることができるぐらいの幅で、道路に出るときには使用していました。 いつのまにかそこは別の人の土地になっていました。その人(購入した人?)からは、そんなことは知らない使用させないといわれました。 ...

  • 土地の境界の問題について

     土地の問題についてお聞きします。現在寺の借地に住んでおり、その境界がはっきりしてなかったため、食い違いが生じ今に引きずっております。昭和53年に家を新築した時に初めてその問題をしり寺の借地が100㎡程不足していることに気が付きました。土地の払い下げにより田を所有することとなりました。父が田を売りました。その時に宅...

  • 不動産ファンド組成についてのご質問です。

    商業区域に相続した土地が有ります。初めて不動産ファンドを組成したいと思っています。 資本金要件を備えた不動産法人は設立済です。業務管理士も居ります。 ヴィークル等についても理解しましたので、商業ビル建設資金をファンドによって調達したいと考えております。 信託方式を予定していますが、自社でアセットマネージメント...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。