不動産売買契約について

お世話になります。
現在、中古住宅を売却に出しています。
不動産屋の仲介(買主、売主とも同じ不動産屋)での取引で購入希望者が見つかり、契約に至りました。
契約時には手付金として購入代金の一部を受け取り、後日先方のローン実行日に残額を受け取ると言う流れでしたが、先方の事情で契約解除になりました。
契約書には手付金を放棄することで白紙撤回できるとあり、不動産屋からも説明を受けました。
これには買主も納得しています。
しかし不動産屋が契約書の作製や契約に至るまでの実費として仲介手数料の一部を請求してきました。
仲介手数料は契約がきちんと完了した際の支払い義務だと思っていましたので、支払い義務があるのかよくわかりません。
買主も売主も支払い義務はあるのでしょうか?
2015年05月25日 23時29分

みんなの回答

木川 雅博
木川 雅博 弁護士
ありがとう
>不動産屋が契約書の作製や契約に至るまでの実費として仲介手数料の一部を請求してきました。
>仲介手数料は契約がきちんと完了した際の支払い義務だと思っていましたので、支払い義務があるのかよくわかりません。
>買主も売主も支払い義務はあるのでしょうか?


まず,解除された場合でも仲介手数料支払特約があるときには,基本的に特約に従いまます。

特約がない場合にはどうなるかというと,裁判例は分かれていますが,不動産仲介業者は相当と認められる額の仲介手数料を請求できるとするのが多いです。

もっとも,仲介手数料の内訳や額,また,ねこねこいぬいぬさんは解除された側であることなどの事情から,具体的な額を争える余地はあるかもしれません。


2015年05月25日 23時48分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 不動産・建築に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
しかし不動産屋が契約書の作製や契約に至るまでの実費として仲介手数料の一部を請求してきました。

すでに契約がなされているということであれば、媒介契約書というものを不動産業者の間で締結していると思います。
それを見てください。

よくあるのが、契約時仲介料の半金、決済時に半金と規定されてあったり、決済時に仲介料全額の支払いと書いてある場合があります。
もし前者の場合は契約は締結していますから、それに対する対価として仲介料の半分を支払わなければならない可能性があります。
ただ、まだ仲介料を払っていないことから後者の可能性があります。
そうなると支払わなくてもよいという解釈もありますが、契約に至ったことによる対価として一定程度の仲介料を支払わなければならない可能性があります。
ただ、実費までは明確な文言がなければ、支払う必要はないとも思われますが、仲介料に位置づけられるとやむを得ない面も出てきます。とはいえ仕事以上の金額を請求されているようであれば、拒否することも考えられます。

あと重要事項説明の中にも仲介料に関することが書かれている場合もありますので、そちらも参考にされてください。
よくわからなければ、一式書類をもってお近くの弁護士に相談されてみてください。

2015年05月26日 03時30分

相談者
ご回答ありがとうございます。
契約書には契約解除の際の仲介手数料については記載はないです。

しかし、これからもお世話になる不動産屋なので、まずはよく話し合ってみたいと思います。
また経過によっては再度、ご回答お願いできれば幸いです。お忙しいところ、ありがとうございました。

2015年05月26日 19時43分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
まずはよく話し合ってみたいと思います。

そうですね。
それがよいと思います。

2015年05月27日 06時41分

この投稿は、2015年05月25日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,803名の弁護士から、「不動産・建築に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • マンションの売買で、私は売主の立場だが、業者からの説明と契約内容に乖離があった場合の契約是正の可否

    (経緯) 今居住しているマンションを購入したいという方がいるので、売却してくれと不動産屋(宅建業者)からコンタクトがあり、仲介料を確認した上で、最低販売価格(3000万円以上)の条件を提示した。 不動産屋と購入希望者との価格交渉で、「まだ最低販売価格に達していないが、商談自体が破談になったら(不動産自身の)実入りが全くな...

  • 金消契約直前の不動産購入契約解除

    はじめまして。住宅購入にあたり、7月末に不動産業者の購入契約を結び、手付金50万円を支払いました。現在、銀行との金銭消費寄託契約前の状態です。 じつは、購入契約後に登記簿を見たところ、購入予定の物件が元々は競売で売られていたことが分かりました(競売物件を売主業者が購入し、それを販売しています)。競売だったことが引...

  • 不動産売買契約後決済前の売り主の破産。このような場合、破産により売買契約は無効となるのでしょうか。

     不動産(土地)についての売買です。  売り主と買い主が、平成25年11月に売買契約を締結しました。契約書には「売買代金の支払い時に所有権が移転する」旨の特約がございます。その後売買代金支払い前に売り主が平成26年2月破産しておりまして、弁護士が破産管財人となりました。 このような場合、破産により売買契約は無...

  • 一方的な中古不動産売買解除の件です。

    中古戸建不動産を購入するために仲介業者を通じて売主と不動産売買契約を結びました。 手付金も300万円支払い、ローン査定も通過し残るは決済を待つのみでしたが、急に売主から本不動産売買契約を解除したいとの申し入れがありました。売買契約上、手付解除では手付金の倍返しとなっておりますが、今後、売主は個人再生をすることから倍...

  • 不動産売買契約締結済み、手付金の返済請求・違約金の請求をしたいのですが可能でしょうか?

    1ヶ月前に不動産の購入契約を締結し手付金 数百万円を支払いました。 その不動産は競売になる前の物件ですが、売買代金で現在の所有者の債務を全額返済可能と説明を受け契約を締結し、手付金は仲介業者(売主側の紹介)が預かると契約書に記載されております。 引き渡し予定が今月末でしたが、先週売主が債務額が売買代金を上回って...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。