不動産やを介して購入した土地が埋蔵文化財包蔵地でした。

公開日: 相談日:2014年01月29日
  • 1弁護士
  • 1回答


売買契約は済んでいます。
購入した土地に一軒家を建てる予定で話を進めるうちに市役所での確認申請の段階で、その土地が埋蔵文化財包蔵地と知りました。古墳と書いてあったそうです。
そのような土地であったら絶対に購入はしませんでした。
できることなら土地の売買契約を白紙に戻したいのですが可能でしょうか?
ちなみに売主さんは購入した土地のご近所に代々住む方で、埋蔵文化財包蔵地だということをしっていたとおもいます。




229787さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    長崎県1位
    タッチして回答を見る

    >できることなら土地の売買契約を白紙に戻したいのですが可能でしょうか?

    建築等が制限されるようなら、隠れた瑕疵として、売り主に対する瑕疵担保責任を追及できます。

    本件では建物を建てるために購入しているということですので、建築できないような事情があるなら、契約の解除を行い、代金の返還を求めることも可能と思われます。

    詳しくは資料等を持参して弁護士へ直接相談されることをお勧めします。

  • 相談者 229787さん

    タッチして回答を見る

    ありがとうございます!
    絶対に建物を建てることができないこともないみたいで、調査結果しだいで建てることもできるそうです。(何も出なかった場合)
    そういった場合でも瑕疵担保責任を負わせることは可能なのでしょうか?
    不動産やに現状をお話ししたところ、「うちの調査不足でした」と落ち度を認めたのですが、白紙にはできないらしいです。
    理由としては、その土地が農地だからだそうです。

    その土地に建てることができても、下に古墳が埋まっている家に住むと思うと、精神的にきついものがあります。どうにかならないでしょうか?

この投稿は、2014年01月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから