担保金及び差押回収金の返還手続きにおける弁護士の対応について

公開日: 相談日:2021年06月08日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

【相談の背景】
私は、とある損害賠償請求事件の原告として、代理人弁護士に依頼しました。

代理人弁護士との契約書によると、成功報酬は獲得金額の12%
*ただし、依頼者との協議において適宜減額に応じる
という内容で委任しました。

訴訟期間中に、被告の保有する不動産及び不動産の賃料について仮差押えを行い、その後、被告が和解に応じ、解決しました。

問題が起きたのは、訴訟終了後です。

代理人弁護士から①仮差押のために私が供託した担保金(約500万円)と、②差押回収金(約600万円)について、訴訟終了から約5か月たって、①②の回収が完了したということで連絡がありました。

①②は依頼者に帰属する財産であるので、本来それらを依頼者である私に振り込んだ時点で、事件終了となり、その後、依頼者と代理人弁護士で協議の上、成功報酬を決定するべきであると、私は考えておりました。

ところが、代理人弁護士から、何の相談もなく「①②の回収したお金から、弁護士の成功報酬12%を差し引いた金額を振り込む」という通知がありました。

私としては、あまりにも一方的すぎる通知で、今後この代理人弁護士への対応に苦慮しております。

何かアドバイスをご教示いただければ幸いです。

【質問1】
これら私に帰属されるべき財産から代理人弁護士が勝手に成功報酬を差し引いた金額を返還するといった行為はあり得るのでしょうか?

【質問2】
成功報酬については、依頼者と代理人弁護士の協議の末、決定すると契約していたにも関わらず、代理人が勝手に、成功報酬の額を決めるといったことはあり得るのでしょうか?

1033930さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    神奈川県8位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    回答いたします。

    質問1について
    相殺するという契約になっている可能性があります。
    また、契約がなくとも相殺が可能です(預り金を返す義務と報酬を請求する権利を相殺です)。
    逆に考えますと、弁護士から「報酬を払ってくれたらお金を返します」といわれると、
    受け入れることができるのかという問題です。
    ご相談者様が「報酬を先に支払いません」ということになりますと相殺されそうです。

    質問2について
    成功報酬については、12%が目安のようです。
    減額については、どのような場合に減額するのかが問題になりそうです。

この投稿は、2021年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す