賃貸 漏水による 賃料減額請求

公開日: 相談日:2021年04月30日
  • 1弁護士
  • 1回答

【相談の背景】
賃貸契約を終わらせ住み始めた当日から2階(私は1階)浴室から1階浴室への漏水が発覚。天井からしたたり漏れてきている状況です。量的にはぽたぽたと滴る様子です。

すぐに管理会社に連絡。2階の住人とやり取りをしてもらい、管理会社と業者で浴室を検査。2階の浴室浴槽の排水部のパッキンが劣化してそこから漏れているとの事。
建物自体は築50年と古く点検口がなく補修が大掛かりになる為出来かねるとのこと。

私も妥協点を探り補修できないことは了承し、管理会社提案の2階の住人が浴槽を使わないという事を了承したためそこで様子を見ようと思いました。
2階住人へお願いベースで頼りないものでしたが、同時に2階住人へ空き家になっている隣へ引越しを提案したようで日取りも決まっていました。

最初は漏水が一旦止まった様子だったのですが、再度漏水が発覚。
2階の住人の引越しが日取りまで決まっていたのが当日キャンセルになり、再度調整をお願いしたところ2階の住人が連絡が取れないとか。問い詰めると2階の住人が引越しを拒んでいるとの事。

私に空き部屋への転居を提案。1階角部屋が希望だったので拒否。2階住人が移動するまで賃料減額を要求し管理会社を通し大家に交渉中。そこから1週間たち返答無し。

ここまで5カ月かかり、管理会社都合のドタキャンが2回あり不信感があります。泣寝入りの転居も含め、できる事を準備しておきたいです。

【質問1】
空き部屋への移動も提案されていますが、現状のまま修繕義務の厳格化による減額請求は妥当でしょうか。

【質問2】
類似ケースの回答から管理会社への責任を問うのは難しそうなのですが、管理会社へは何度も連絡して行動を促すしか方法はないのでしょうか。強制力みたいなのを働かせる方法はないでしょうか。

1022279さんの相談

回答タイムライン

この投稿は、2021年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから