賃貸借契約の解除日について

賃料を滞納していた借主に書面到着後7日以内に支払わなければ契約を解除する旨の内容証明を送付しましたが、留置期間満了により先日戻ってきました。しかし、戻ってきた翌日に滞納金額の入金がありました。
ただ、過去にも5ケ月滞納したこともあり、私としては今後貸し続ける意思はありません。
4月分の入金も現時点でありません(毎月末までに翌月分支払の約束です)
この場合、留置期間が満了した日の翌日?(差出人に郵便局が返送するために発送した日)をもって契約を解除した上、その日からの賃料損害金を請求するという方法は取れますでしょうか。
解除になる日が良く分かりませんが、留置期間満了をもって解除となると満了日の翌日となるのでしょうか。
2017年04月04日 11時57分

みんなの回答

寺尾 幸治
寺尾 幸治 弁護士
不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
> 留置期間満了により先日戻ってきました
解除の意思表示の書面を相手が受領していない以上、解除の意思表示が相手に対して、なされていないことになります。解除したいのであれば、再度、相手が受領するまで、書面を送付すべきでしょう。

しかし、現在は、滞納1月分(4月分)なので、解除が有効かどうかは微妙なところです。賃貸借契約の解除には、客観的にみて、信頼関係が破壊されるほど、過去に頻繁に、滞納を繰り返すなどの事情が必要であると思われます。

2017年04月04日 12時06分

矢形 幸之助
矢形 幸之助 弁護士
ありがとう
内容証明郵便が相手方に到達しておらず(解除の意思表示が到達しておらず)、意思表示の到達前に遅滞分全額を支払ってきているので解除権が消滅していると評価される余地はあります。

2017年04月04日 12時14分

影山 博英
影山 博英 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府6
弁護士が同意1
ありがとう
最判平成10年6月11日(民集52巻4号1034頁)に従って留置期間満了の時点で解除の意思表示が到達したものと認められる可能性はあると思います。
ですが、内容証明に記載された解除の意思表示には「書面到達後7日以内に支払わないとき」という停止条件が付されていたところ、「書面到達」が「留置期間満了時」であるなら、滞納金の支払いがあった時点(返戻された郵便を受領した翌日)では「書面到達後7日」を経過していないことになるでしょう。そうすると、滞納金の弁済によって解除権は消滅し、解除の意思表示の効果は発生しないことが確定しています。
したがって、現在、解除の効果は発生していませんし、現時点で解除の意思表示をしても、効力は認められません。
ただ、滞納を繰り返したという事実は、更新拒絶の正当事由の判断にあたって賃貸人に有利な事情となります。今後も滞納を繰り返すようであれば、次の期間満了時に更新拒絶を検討されても良いかも知れません。

2017年04月04日 13時06分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ベストアンサー
ありがとう
> 留置期間が満了した日の翌日?(差出人に郵便局が返送するために発送した日)をもって契約を解除した上、その日からの賃料損害金を請求するという方法は取れますでしょうか。

相手が解除した意思表示があったと認識できる状況でしたら可能性はあります。
なお、訴訟を起こして、第一には内容証明の留置中の通知を見た時点を解除と主張してみて、第2に訴状の中でも解除して、これまでの行動(内容証明の受領拒否も含めて)を信頼関係破壊事情と主張してみればどうでしょうか。

> 解除になる日が良く分かりませんが、留置期間満了をもって解除となると満了日の翌日となるのでしょうか。

いくつか考えられますが、「受領期間満了日には遅くとも」という検討でよいでしょう。

2017年04月04日 13時25分

この投稿は、2017年04月04日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,705名の弁護士から、「不動産・建築に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 半年滞納の場合の催告の必要性について

    家賃を半年以上滞納されて困っています。 借主は1年位前にも3ケ月分滞納したことがあり、その時も内容証明を送ったのですが、結局 郵便局の保管期間経過で戻ってきてしまいました。 (その時は、私からの内容証明で感付いたらしく、振込がありました) しかし、今度という今度は仮に滞納分を支払ってもらってももう貸したくありま...

  • 家賃滞納者への催告の要否について

    入居後に度々家賃を滞納され、最近も4ケ月分滞納しています。 契約書には、2ケ月分以上の賃料支払を怠ったときは相当の期間を定めて催告し~と書いてありますが、 この場合、改めて催告する必要はあるのでしょうか。 前回、滞納した際に内容証明を送付しましたが、不在、郵便局保管期間経過により戻ってきてしまった過去 がありま...

  • 賃貸契約の解除について

    家賃を半年滞納され、先日内容証明で3/25までに支払うようにと通知をだしました。 しかし、内容証明が3/28に郵便局の留置期間経過により戻ってきてしまいました。 しかし、30日に借主から滞納金が振り込まれていました。 3年前の入居からたびたび家賃を滞納されていて、今回ばかりはもう出て行ってもらえると思っていたのですが入金...

  • 家賃滞納・契約解除されますか?

    恥ずかしながら現在家賃を2ヶ月滞納しております。本日普通郵便で「大切なご案内」と「解約申込書兼残留物処分依頼書兼支払い念書」の2枚が届きました。 大切なご案内の内容は再三の通知にも関わらず未納となっている家賃について賃貸借契約に基づき、未納金の支払いと解約の申し入れをして戴きたく~期日までにもう一枚の「解約申込...

  • 賃料滞納の解除日について

    家賃滞納の相手に内容証明を送り、到着後、1週間以内に支払わなければ解除すると書きました。 相手には15日に到着しています。 しかし、期限内に支払がありませんでした。 この場合、解除日は、満了日の22日となるのか、23日となるのかどちらでしょうか。

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。