家賃を代位弁済しました

【前提】
①賃借人から委託され、家賃の保証人になりました(連帯保証ではありません)。

②大家と賃借人との間では、家賃を滞納した場合の遅延損害金料率が14.6%という約束がされています。

③賃借人が滞納したため、代位弁済しました。

【質問】
①賃借人に求償権行使する場合、14.6%の遅延損害金を求めることが出来ますか? それとも法定利息と同率のみとなりますか?

②9月10日に賃借人に届くように請求書をだし、30日までに支払えと書くつもりなのですが、予め30日までの遅延損害金を加算した額を請求する(=請求書に記載)ことは問題がありますでしょうか。 10日に支払った場合は●円、11日に支払った場合は●円・・・・というように遅延損害金を日割り計算して、それを逐一記して請求すべきでしょうか。

2013年08月08日 14時20分

みんなの回答

好川 久治
好川 久治 弁護士
不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
①特約がないと請求できるのは法定利息だけです(民事年5%、商事年6%)。
②内容証明で書くなら、元金分と遅延損害金の発生日から支払済みまで年〇パーセントの割合による遅延損害金を支払え、とし、仮に〇日に支払うなら、遅延損害金がいくらで、残元金と合わせて〇円を支払っていただくことになります、と付記しておけばよいと思います。

2013年08月08日 16時12分

弁護士A
ありがとう
あなたが家主に賃借人が本来支払うべき遅延損害金14.6%を支払った場合,それはあなたの求償権の元本になると考えます。

そのうえで,あなたが求償権を行使する際の遅延損害金利率は,子の元本に対し,
賃借人と保証委託契約等で定めていればそれにより,特に定めていないのであれば,法定利率により発生します。

2013年08月08日 16時29分

この投稿は、2013年08月08日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 賃料の請求につきまして

    Aさんが賃料を半年間滞納したため、賃貸借契約を解除しました。 ①賃料・共益費は前払いで、10月分(10月1日~10月31日居住分)を、9月1日に支払う。 ②契約が解除された場合、その翌日以降は不法占拠者となり、「賃料の倍額」の賃料相当損害金を支払う。 ③賃料・共益費を滞納した場合は、年14%の遅延損害金を支払う...

  • 賃貸人に長期の修繕義務違反があり、賃借人の遡っての賃料減額請求が認められた場合の利息について

     賃貸人に長年にわたる修繕義務違反があり、賃借人が遡って賃料の減額請求をしたとします。   *東京地裁平成24年12月19日判決は賃料の遡っての減額請求を認めています。   ・賃貸人が修繕義務を尽くさず,賃貸建物の使用・収益の一部に支障が生じている場合には,民法   611条1項の類推適用により,賃借人は使...

  • 賃借人の賃料の滞納と賃貸人の修繕義務違反による損害賠償の相殺について

     賃借人に賃料3ヶ月分の滞納(24万円)があり、賃貸人にそれを請求され、催告されても支払いませんでした。しかし、その後賃貸人には、長期にわたる修繕義務違反があったと発覚し、その損害賠償額が24万円と認められました。  この場合、賃貸人の修繕義務違反による損害賠償額24万円と賃借人の賃料滞納分24万円は相殺される...

  • ・賃貸借契約で修繕義務の不履行がある時の賃料の減額請求は?・賃料減額の合意条件は?・催告書の効果は?

     1,物件の賃貸借契約に関する質問です。家主の建物の修繕義務の不履行を理由とした賃料の減額請求について  家主が賃借物件の修繕義務を長年怠っていることで建物の使用収益が損なわれている場合、その損失分を賃料から相殺して支払うことができますか?また、賃料を減額して支払う場合には、家主に対してその旨を通知するだけで...

  • 賃貸借 賃貸人が負うべき修繕費用相当の支払い拒否について

     東京地裁平成12年7月18日判決によると、  「賃貸人が修繕義務を負う場合において賃借人の要求にもかかわらず賃貸人がその義務を履行しないときは、賃借人は、同時履行の抗弁権に基づき、修理がされるまでは、少なくともその修理に要する費用の限度で賃料の支払いを拒絶することができるというべきである・・」 ・・とあ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。