定期借家借主の執拗な再契約要求は強要罪未遂にあたるか?

公開日: 相談日:2015年03月17日
  • 2弁護士
  • 2回答

私は賃貸物件の所有者・貸主になります。物件は不動産会社に管理委託しており、現在の借主とは定期借家契約を結んでいます。

近々、6年間の定期借家契約が終了し、その後の現借主との再契約を当方は希望していません。しかし、借主は物件からの退去を拒否し、定期借家の再契約を強く要求し続けています。その要求が通らない限り、たとえ現契約が終了して物件の不法占拠の状態が発生しても、その家に住み続けると強硬に主張しています。さらに、契約終了後物件を明け渡さなかった場合に現契約で定められている賠償金も支払わないと言っています。

借主に契約終了までに退去できない合理的な理由はありません。このまま不法占拠状態になった場合に備えて明渡訴訟を検討中ですが、このような場合、現時点の借主の再契約要求が刑法223条の強要罪の未遂にあたる可能性はあるでしょうか。また、今後の不法占拠を回避するため、あるいはすでに発生した不法占拠状態を解消するために、不本意ながら借主の要求をのむ形で実際に再契約をした場合、借主の強要罪は成立し得るでしょうか。

どうぞよろしくお願いします。

331889さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    1 現時点の借主の再契約要求が刑法223条の強要罪の未遂にあたる可能性はあるでしょうか。
    ← ご心痛はおお察し申し上げますが,記載されている事情を拝見する限り,民事上の債務不履行の問題で,刑事事件とはならないと考えます。迅速に訴訟手続きを取られることをお勧めいたします。

    2 また、今後の不法占拠を回避するため、あるいはすでに発生した不法占拠状態を解消するために、不本意ながら借主の要求をのむ形で実際に再契約をした場合、借主の強要罪は成立し得るでしょうか
    ← 書かれている事情では,刑事事件ではなく,また,民事上も問題が解消されてしまうと考えます。

  • 原田 和幸 弁護士

    注力分野
    不動産・建築
    タッチして回答を見る

    定期借家借主の執拗な再契約要求は強要罪未遂にあたるか?

    脅迫あるいは暴行を用いてということであれば,考えられなくはありませんが,お話の限りではまだ民事上の問題ではないかと思われます。
    そういう相手であれば,早急に法的手続きを検討されたほうがよいかもしれません。
    場合によってば弁護士から内容証明を出してもらうことも考えられます。

  • 相談者 331889さん

    タッチして回答を見る

    先生方、ご回答ありがとうございました。やはり今の状況だけでは刑事事件にはならないということでお二人の意見が一致していますので、今後は明け渡し訴訟を前提に準備を進めていきたいと思います。迅速なご回答に重ねてお礼申し上げます。

この投稿は、2015年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから