賃貸借契約のトラブル 不動産業者に対してどのように言えばいいのでしょうか?

住居付き店舗の賃貸借契約に関するトラブルです。

3年以上前から借りている物件のオーナーが代わり、トラブルになっています。

正当事由のない解約通知を受け取り、それに対して内容証明郵便で拒否の内容を送付したら、仲介の不動産屋から「こんな文書を送り付けてくるやつなんか出て行ってもらえ」と言われたとのことで連絡を受けました。
この不動産業者はこちらが賃貸契約を結んだ際の仲介業者兼管理会社でもあるのですが、今回の売買成立後、新オーナーから管理を切られ、揉め始めたのちに新オーナーに依頼され、新規契約を締結させるために仲介に入った人間です。
中立で対応するとの文言が入ったメールを送ってきましたが、言っていること、していること、すべて新オーナー側に有利なことばかりです。

こちらへの要望としては、半年後に立ち退くか、それが嫌なら新規契約書での契約をしてほしいとのこと。その内容に全く合意できないので、拒否を続けているところです。
内容としては、家賃の増額、(当初1万円程度だったものが、最近の言い分だと、こちらの対応が向こうの心証を悪くしたので、約7万円増額の家賃でしか契約はしたくないとのことです。)そして設備の修理等、借主側の負担にすること、そして最初の契約当時、営業上必要なものの設置や電気工事等はしてもいい、立ち退く場合はそれが付いた状態のものを「原状」とすると旧貸主と約束していたにもかかわらず、すべて取り外してほしいとのことです。(口約束でした)
また、原状回復の費用として今預けている40万以上の敷金は立ち退き時に償却するもしくは、実費で全部きれいにするか。と主張してきます。

契約当時の約束事の内容について、一貫してこちらの主張は変えていませんが、不動産業者はあの手この手で新規契約締結か、立退きかで迫ってきます。
そして、今の向こうの言い分は、契約書上、使用目的が宿泊施設としか書かれていないので、居住と、宿泊と並行して営業している飲食業についてはやめてもらわないといけない、とのことでした。
飲食店不可の物件ではなく、「飲食店がすぐに始めれる物件です」と謳っていた物件ですし、貸主も不動産業者も飲食に来たことがあります。
また、居住についても当初から貸主も不動産業者も知っています。毎年の更新時には入居者の氏名を更新同意書と一緒に送っています。
どのように対応すべきでしょうか?
2016年07月16日 12時18分

みんなの回答

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ベストアンサー
ありがとう
そして、今の向こうの言い分は、契約書上、使用目的が宿泊施設としか書かれていないので、居住と、宿泊と並行して営業している飲食業についてはやめてもらわないといけない、とのことでした。

まず、そもそも宿泊と併存して飲食店を設置しても、通常は宿泊施設の範囲と言えるでしょう。そうでなくても、建物の価値を引き下げないのであれば、それを理由の解除は不当と言えるでしょう。
さらにそうでなくても、近年始めたのであればともかく、ずっと経過しているのでしたら黙認していると言えそうです。

飲食店不可の物件ではなく、「飲食店がすぐに始めれる物件です」と謳っていた物件ですし、貸主も不動産業者も飲食に来たことがあります。
また、居住についても当初から貸主も不動産業者も知っています。毎年の更新時には入居者の氏名を更新同意書と一緒に送っています。

それならば問題ないでしょう。

どのように対応すべきでしょうか?

徹底拒否ですね。
訴訟に備えて、一応弁護士に、相談だけしておいてもよいと思います。

2016年07月16日 12時25分

相談者
ご回答ありがとうございます。
質問なのですが、「黙認」とは、認めているという解釈でいいのでしょうか?
不動産業者は「黙認してただけで認めているわけではないから、退去もしくは新規契約しかありません」と言っていました。
また、立ち退きの際に、オーナーはこちらに対して「150万円請求する」と言っていたようです。
それに対して、不動産業者は勝手に「それは行き過ぎだから敷金分の45万円ということにしませんか?」と金額の交渉をしたようです。
不動産業者のこの対応、交渉は法的にどうでしょうか?
中立と言いながらこちらの要望を一切聞き入れない上に、こちらが預けている敷金を勝手にそのように提案するなんて本当に信じられません。
また、すべて拒否でこちらが何か責任を追及させれることはないのでしょうか?

2016年07月18日 14時44分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ありがとう
質問なのですが、「黙認」とは、認めているという解釈でいいのでしょうか?

はい、ただし、それを第一の主張にするのが有利かどうかは検討が必要です。
その点は、専門的な検討が必要でしょう。


不動産業者のこの対応、交渉は法的にどうでしょうか?

あまり相手にしなくてよいでしょう。

中立と言いながらこちらの要望を一切聞き入れない上に、こちらが預けている敷金を勝手にそのように提案するなんて本当に信じられません。
また、すべて拒否でこちらが何か責任を追及させれることはないのでしょうか?

とりあえず、弁護士への直接相談が必要だとは思います。
それほど、現状、不利ではないと思いますが、将来はわかりません。
安易な交渉は控えましょう。

2016年07月18日 15時18分

相談者
たくさんの質問にご回答いただきまして本当にありがとうございました。

2016年07月21日 14時17分

この投稿は、2016年07月16日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 市の開発工事による設備付き賃貸店舗の立ち退き、契約解約時の敷金返還について(当方借主)

    市の開発工事による設備付き賃貸店舗の立ち退き、契約解約時の敷金返還について(当方借主) 市の開発工事により、賃貸店舗が立ち退きになりました。(当方借主) 以前にも相談させていただきましたが 私と市との交渉に口を出してくるなど、大家の態度に困っています。 立ち退き補償目的で物件を取得した家主なので 賃貸契約書に...

  • 賃貸借契約物件の解約通知の拒絶について

    3年間賃貸で住んでいる店舗付き住宅についてです。 今年に入り、オーナーチェンジがあり、新しいオーナーから「賃料アップ・契約内容の大幅変更(新規契約)をするか、それが出来ないなら出ていってほしい」と迫られています。 正当事由については、近所への迷惑行為や賃料の滞納等はないことは理解しており、うちより高い賃料で借り...

  • 賃貸マンションの法人契約

    6月に法人で福祉に関する事業の為に賃貸マンションの一室を家主と直接賃貸契約を交わしました、契約書にはちゃなんと事業内容も書かれております。契約後、消防に届け出ると福祉関係で人の出入りが10人以上と言う事と建物が建築法違反と言う事も発覚しその事もあり100万円程の設備が必要と言う事が判明しました、それを聞いて家主...

  • 貸主からの解約通知に対して回答を送りましたが解決に向かいません

    前回質問しました3年間賃貸で住んでいる店舗付き住宅についてです。 オーナーチェンジがあり、新オーナーから「賃料アップ・契約内容の大幅変更(新規契約)をするか、それが出来ないなら出ていってほしい」と迫られています。 前オーナーとの契約は来年1月末まで残っていますが(1年更新)、それ以降、更新はしないと言わ...

  • 賃貸契約と少額訴訟について

    約4ヶ月前に契約し、もうすぐ退去予定の賃貸物件についてなのですが、以下のような状況下、少額訴訟で礼金と敷金から差し引かれると思われるクリーニング費用の返還要求をするのは妥当かどうか相談させてください。 ?入居時の掃除がきちんとされていなかった。 ?入居後すぐに両隣と上の工事がはじまり、2〜3ヶ月続いたが、もしこの...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。