公開日:

賃貸借物件の所有権が変更されていた

2015年02月10日
賃貸テナントの賃借人です。
さる事情で借りている店舗物件の土地建物の謄本を取ったら、所有者が賃貸契約の記載している有限会社Aから個人名Bに変更されていました。
契約を結んだ2年ほど後です。賃借人の私に通知はありませんでした。
これは問題ないのですか?
問題があった場合、『今後、所有者から請求が来ない保証がない。』などの理由で供託とかできますか?

よろしくお願いします。
相談者(320674)の相談

みんなの回答

國安 耕太
國安 耕太 弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
問題ありません。
法律上、賃貸人の地位は、所有権の移転に伴い当然に移転すると解されており、賃借人に対する通知・賃借人の承諾は不要です(実務的には、混乱を避けるため、賃借人に通知をすることも多いですが。)。

2015年02月10日 14時15分

相談者(320674)
早速のご回答ありがとうございました。
言葉足らずだったので少し補足します。

契約時は、賃貸人所有者共に有限会社A
変更後、賃貸人は有限会社A、所有者は個人B
家賃振り込みは、変更前から現在も有限会社A

万が一でも、個人名Bから過去の請求が来ることは無いのですか?
よろしくお願いします。

2015年02月10日 14時31分

國安 耕太
國安 耕太 弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
可能性の有無ということでいえば、可能性はあるでしょうね。
ただ、民法478条により、すでに支払った分の支払義務はないと考えることができると思います(私見ですが。)。

なお、今後に関しては、賃貸人の地位は、所有権の移転に伴い当然に移転するとされていることから、対応が非常に難しいですね。
一つの方法としては、新所有者に対し、振込先を指定するよう通知を出し、指定された口座に振り込む、ということでしょうか。

2015年02月10日 14時52分

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
供託する前に、所有者Bと有限会社Aとの関係を確認しましょう。
法律的には、Bが承諾すれば、
所有者ではなくなったAが引き続き賃貸人として賃貸して、
賃料を受け取ることは可能です。

ただ、Aの主張はあくまでもAの言い分で事実かどうかはわかりませんので
Aの言い分を裏付ける契約書や承諾書などの契約書を確認したり
Bに直接確認したりした方がよいと思います。

2015年02月10日 14時58分

相談者(320674)
國安さま、高島さま、ご回答ありがとうございます。
勉強になります。

2015年02月13日 12時07分

この投稿は、2015年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

あなたが借りている土地(借地権)に相続税が生じるかを調べる方法

あなたに、他の人から借りている土地がある場合、家族はあなたが亡くなった後、「他人が所有する土地を利用する権利」(借地権)を相続することになり...

この相談に近い法律相談

  • 建物賃貸借契約に絡む私文書偽造と詐欺についての質問です

    鍵を預かってる部屋を,所有者に無断で人に貸した場合,どういう罪名になるのでしょうか? 所有者は,約2年程借り手が付かないので現状確認と清掃を知人Aに依頼しました。Aはは鍵を預かりましたが清掃はせず鍵を預かったままでいました。 そして,その物件を私が借りて社員寮にしていたのですが,蓋をあけると契約書と家賃の領収...

  • 借地人から駐車場の賃貸を承諾してほしいと言われたのですが

    借地の賃借人から車庫スペースを第三者に賃貸したいので 承諾してほしいという申し出がありました。 建物は賃借人が自宅兼事業所として使用していたのですが、 事業を廃業するため空いた車庫スペースを賃貸駐車場として 活用したいとのことです。 旧借地法の契約で、賃貸契約書には「建物所有の目的」としか記載しておりません。 ...

  • 賃貸借契約の家賃収入について

    一軒家を所有していますが 空き部屋が多数あるので知人に貸したいのですが 家賃を払っていただいた場合個人収入として申告 する必要がありますか?

  • 土地を永久に借りる契約について

    賃貸人と賃借人が同意した場合、賃貸人の持つ特定の土地を 「永久に賃借人に貸す」 という契約も有効になりますか?

  • 取壊し予定の建物の賃貸借契約に該当しますか?

    以前、「借地権付建物の賃貸借は、地主の承諾を要すか否か?」(質問番号5336)の質問をさせていただいた者です。 さてこの度、建物の所有を目的とする普通借地契約に基づき所有する家屋を第三者へ賃貸するようになりました。 そこで、建物賃借人との契約についてですが、普通借地契約に基づき現存する建物を賃貸借する場合、「取壊...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。