弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

境界線上の共同ブロックの使用について。

隣人と前住人が共同で作られた境界線上のブロック塀があります。そのブロック塀上全部を隣人は、使用しています。当方が、はみ出さないよう伝えましたが、撤去してもらえません。当方の所有権のあるブロック塀上の半分は、近々使う予定があります。そこで先生方に質問がございます。

1、隣人への請求は、再度内容証明で請求する必要がありますでしょうか。
2、ブッロク半分が境界線と隣人は認識していますので、このまま使用されて20年経てば時効取得されるのでしょうか。
3、当方は、所有権に基づいて使用開始してもよろしいでしょうか。

宜しくお願い致します。
b4_7b04さん
2018年12月29日 01時26分

みんなの回答

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
> 1、隣人への請求は、再度内容証明で請求する必要がありますでしょうか。

請求しても、対応してくれない場合があるかもしれませんので、意味がない場合もあると思います。

> 2、ブッロク半分が境界線と隣人は認識していますので、このまま使用されて20年経てば時効取得されるのでしょうか。

そのブロックが相手のものを前提とした相手の言動があれば、可能性はあると思います。

> 3、当方は、所有権に基づいて使用開始してもよろしいでしょうか。

相手所有(共有)のブロックなのであれば、勝手にブロックを撤去することはできないと思います。

2018年12月29日 04時05分

b4_7b04 さん (質問者)
回答、有難うございました。質問3について再度、教えて下さい。ブロック塀の撤去は、現在考えておりません。ブッロク上の半分は、当方の敷地内であり、ブッロクも共有ですので、所有権によってブッロク上の半分の使用を考えています。そのタイミングは、今すぐにでも使用しても大丈夫でしょうか。

2018年12月29日 15時05分

この投稿は、2018年12月29日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 境界線の立ち合いについて。時効取得を主張されないようにしたいです。

    隣家の売却に伴い境界線の立ち合いを求められました。隣家は約20年前に購入し、その際にも境界線の立ち合いをしております。隣人が引っ越してくる前から元々塀はありました。石はあります。問題なのが、余裕をもってブロック塀を作ったため(私の家がすべて負担)、塀が私の家側にすべてあり、さらに数センチではありますが、土地を隣...

  • 境界線 と時効取得について

    実家の話ですが最近リフォームの件で隣の家に30センチ程越境してることが判明しました。調べていくと最初に建てた昭和36年から平成22年まで登記されてませんでした、なぜか22年に登記されてますが父が亡くなっており詳しくはわかりません。 問題は越境してる部分を、買い取らなければならないとき100万位は…と銀行の方が言ってました。...

  • 境界線未確定地の時効取得について

    昭和60年の国土調査の時に土地の境界がまとまらず、境界線未確定地になってしまい今日まで経ってしまいましたが 今年になり、所有者が変わり自分の土地を無断占有しているので返してくれと言ってきました。 その土地は私の土地にどの位入っているか分からないし、前所有者は国調以降、30年間何も言ってきませんでした。 私の土地...

  • 40年たって境界ブロックが位置が違うから返してといわらました。

    昨日隣の空き家を買った不動産屋に、依頼されて測量屋さんが来て、境界線が20センチ違うから返してほしいと言ってきました、 40年前に分譲で区画された土地を買ってブロックもその頃からのブロックです、 隣の家は持ち主が変わったから時効所得は使えないのでしょうか? 返さなくていい方法ありますか?

  • 古い家の土地の境界について

    70年以上前に建てた実家の土地境界の問題で、最近隣地を取得した相手が境界に空けるべき空間に建物が建っているとの申し出をされて訴訟するとのことで困っています。 境界の確認の方法および70年以上住み続けているという取得時効などはないのでしょうか。 また相手の主張が通った場合、家屋を建て直さなければならないのでしょうか。...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。