古い家の土地の境界について

70年以上前に建てた実家の土地境界の問題で、最近隣地を取得した相手が境界に空けるべき空間に建物が建っているとの申し出をされて訴訟するとのことで困っています。
境界の確認の方法および70年以上住み続けているという取得時効などはないのでしょうか。
また相手の主張が通った場合、家屋を建て直さなければならないのでしょうか。
どうぞよろしくお願いいたします。
2017年08月26日 12時53分

みんなの回答

池田 毅
池田 毅 弁護士
不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
境界石は入ってないのですか。
あれば境界自体は、争いがない可能性が高いです。
もし、争いがあるのでしたら、筆界特定という法務局での手続きや、裁判で確定することになります。
取得時効は、10年か、20年で成立するので、成立している可能性はあります。

2017年08月26日 13時52分

この投稿は、2017年08月26日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 土地の境界線について

    土地の境界線について教えてください。 隣地と我が家との土地の境界線がはっきりしないまま、「境界立会確認書」 等書面の取り交わしもなく、土地が売却されてしまい、新しい持ち主の家屋の建築が始まることになりました。 隣地と我が家との間には塀があります。 以前の持ち主によると、境界線は我が家から見て塀から数10cm内側...

  • 土地時効の取得について

    土地時効の取得についておききします。 隣家からの境界についての申し出があり、隣家は 今から35年前に隣家が自分の建物を立て直しした時に 我が家の建物の下に自分の建物の基礎石が出てきたので 境界をその基礎石のある場所で引くと言ってきました。 35年前でなく今頃になり、当時こちらに状況の確認もさせないばかりか、証拠の写...

  • 土地境界

    隣家が土地分筆したいとの事で、境界確定を求めてきました。土地は50年以上前に宅地分譲されたもので、我が家は1区画(北側)、隣家は2区画(南側)取得しています。隣家は2区画にまたがり大きな家を建てているのですが、分筆して、余っている土地にもう1棟登記したいそうです。小さな建物は分筆前に建てており、建築確認検査済書...

  • 塀のハミ出しと取得時効

    取得時効について教えて下さい。 父が30年前に購入して今でも本人が住んでいる土地があります。 先日、父の土地と接している隣人を担当している不動産屋より 1) 父の土地の塀が父の登記簿より3cmほどはみ出している 2)このままでは土地が売れないのではみ出している塀を撤去してほしい 3) 隣人の登記簿は正しい。 4) 撤去の費用...

  • 筆界特定後の土地時効取得について

    今隣家との境界を決めるため、筆界特定の申請をしています。 もし、我が家が隣家の土地を超えていた場合 すでに70年建物が建っていますので、土地時効を取得しようと思います。 その場合、我が家が法務局にいき分筆を勝手にできるのでしょうか? それとも裁判をしなければいけないのでしょうか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。