土地時効取得と境界杭

お世話になっております。45年前に両親が当時他の所有者の畑の一部を分筆し、家を建てました。両親も80歳をこえたため療養施設にて生活しているため、この度宅地建物の売却を行いました。仲介された不動産会社にて作成された契約書にt、公募売買ときていされています。また、契約締結前に売主は境界を明確にするという一文がはいております。しかし、買主様が早急にリフォームに着手したいとのことで、地籍測定及び境界設定は、契約の後でも良いという念書を両者で締結しました。その後、家屋調査士のかたに依頼し実測した結果、本来4箇所あったと思われる境界杭が1本のみでした。また、この当家の向かいの第三者の現空き地と県の土木管理されている土手の一部であることがわかりました。問題は、県の土木で認識されている境界杭(公図?)と当時登記したさいに添付されている地積測量図(元の地主と当時家屋調査士が署名捺印)が整合がとれていず、県の土木の認識では境界杭は約1m程当家の内側とのことです。当時はどのようにして境界杭の立会いが行われたか今となっては不明です。しかし、当家登記されている地積測量図を元に外壁も建物、45年前県からの調査等一切なく生活してきております。このままでは、今回の買主様が土地の登記ができなくなり、契約が宙に浮いてしまう可能性がありますが、家はリフォーム工事がかなり進められ原型に戻せる状況ではありません。可能性あれば、県の土木が管理している土地5から10平米(当家の外壁内)の時効取得できないものかと考えておりますが、アドバイス頂けますようお願い申し上げます。
パンダ君さん
2015年03月20日 07時48分

みんなの回答

森田 英樹
森田 英樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府5
ありがとう
公共用財産については 公用廃止されていなければ時効取得は認められません。

直接詳しい情報をもって 弁護士に相談してみてください。

2015年03月20日 08時12分

パンダ君 さん (質問者)
早々のアドバイスありがとうございます。
お手数お掛けし申し訳ございませんが、もう2点アドバイスおねがいできませんでしょうか?
過去の判例でも公共用物でも公共用物としての機能喪失している場合は時効取得できるということがあったようですが、当家の外壁内にある土地という時点で既に公共用物の機能喪失と判断できないでしょうか?
また、古い話になりますが登場の境界杭を打った際、本来であれば当家元地主と県の土木の方が立ち会って杭を打つべきだと思いますが、現状は登記されている地積測量図とほぼあっているところに杭がありますが、県側は45年経った時点で杭の位置が違うといことをいう一件理不尽な対応されるのでしょうか?(これは県の対応次第で先方に伝えるべきだと思いますが)

2015年03月20日 08時38分

この投稿は、2015年03月20日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,232名の弁護士から、「不動産・建築に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 隣地が筆界特定を申請。その筆界は我が家の方にはみ出している。

    実家と隣地の筆界特定をするとの通知が来ました。筆界が、我が家の土地に5㎝ほど入るというのです。 これに対応する方法を教えてください。ちなみに、本日2月7日、法務局の筆界特定の係が来て、もちろん、我が家の方は納得しなかったので、次回測量士を連れてくるそうです。 位置関係は坂道に沿って住宅が並び、今回筆界特定を依頼...

  • 購入した土地の境界と全く異なる境界を隣家が主張

    2年前に土地を購入しました。 その際、地籍調査により作成された地籍集成図と面積計算書を基に売り主と現地で境界確認し売買しました。 最近になり隣家から、境界が20メートル手前の境界杭が起点と主張されました。この場合300平米土地が減ることになります。尚、土地には建築物はありません。そこで先生に2つ質問があります。 ...

  • 所有土地の境界がないので、図面で土地堺を判断して土地利用しても構わないか?崖は誰のものなの?

    不動産会社所有の中古戸建を購入し登記も完了していますが、建物の背後に崖があり、崖側の所有土地の境界がありません。どこまでが自己所有なのかはっきり判らないまま購入しました。表示されている個所は崖側に1か所と道路面側だけ確認できています。所有土地の測量図面はありますので、自己判断で境目当たりまで自分なりの土地利用を...

  • 隣地との境界について

    約10年前のことですが、事情があり当方所有の土地を2筆に分筆して一方を地元の不動産業者に売却しました。その際、2筆にまたがって建物が建っていましたので、その建物も2分割して売却するほうを取り壊して更地にしました。また、当方が居住するほうの建物は、分割面を補修して壁等を作り1個の建物にしました。 その際、補修の都...

  • 近隣との土地境界線問題

    近隣と土地の境界線で揉めています。 約30年ほど前に、双方合意の元確定した県の土地家屋調査士作製の地形図(登記はしていない)はありますが、「その時は納得していなかった」と言って、強引に境界を超えて物を置き、侵入してきます。土地家屋調査士に少し相談しましたが、この構図に絶対的効力は無い様な事を言われました。  今...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。