競売に伴う使用貸借の問題について

兄嫁の所有している土地に家を建てて住んでいます。
その土地には兄嫁の居住する家と私の居住する家とがあり、この度、兄嫁の所有する土地と建物とが競売にかかることになりました。なお私の建物は競売対象外です。
質問
1)第三者に落札された場合、私の権利は使用貸借のため、退去手続きを取られた場合は出ていかなければならないと理解して良いでしょうか?
またその際、合法的に居座ることのできる期間はどの程度になるでしょうか?
2)兄嫁との間で期限付きの使用貸借の書面をこれから作成しても、第三者が落札した場合には効力は何も無いのでしょうか?
3)兄嫁の土地内に共同利用している浄化槽があり、清掃費等の維持費用は折半で私も負担していますが、これを家賃的な位置づけとして捉える、というのは無理がありますでしょうか?
4)私が落札した上で、①兄嫁に退去してもらう、②兄嫁との間で賃貸借契約を交わし家賃をもらう、はどちらでも問題無いでしょうか?
相談者(717300)からの相談
2018年10月12日 02時31分

みんなの回答

中島 俊輔
中島 俊輔 弁護士
不動産・建築に注力する弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
さてご質問ですが、
>1)第三者に落札された場合、私の権利は使用貸借のため、退去手続きを取られた場合は出ていかなければならないと理解して良いでしょうか?
→そのような理解でよろしいと思います。

>またその際、合法的に居座ることのできる期間はどの程度になるでしょうか?
→実際、買受人との交渉次第であると思います。買受人あるいは代理人から連絡が来るものと思いますので、まずは1~3カ月程度の合理的期間内で退去可能な希望時期をお伝えすればよろしいと思います。

>2)兄嫁との間で期限付きの使用貸借の書面をこれから作成しても、第三者が落札した場合には効力は何も無いのでしょうか?
→使用貸借という契約的にも時期的にも第三者に対抗できるものではありません。

>3)兄嫁の土地内に共同利用している浄化槽があり、清掃費等の維持費用は折半で私も負担していますが、これを家賃的な位置づけとして捉える、というのは無理がありますでしょうか?
→土地利用との対価的均衡を失していますので、無理だと思います。

>4)私が落札した上で、①兄嫁に退去してもらう、②兄嫁との間で賃貸借契約を交わし家賃をもらう、はどちらでも問題無いでしょうか?
→特に問題ないものと思います。

2018年10月12日 02時59分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
> 1)第三者に落札された場合、私の権利は使用貸借のため、退去手続きを取られた場合は出ていかなければならないと理解して良いでしょうか?

そうですね。

> またその際、合法的に居座ることのできる期間はどの程度になるでしょうか?

競売により落札者が代金を納付するまでだと思います。

> 2)兄嫁との間で期限付きの使用貸借の書面をこれから作成しても、第三者が落札した場合には効力は何も無いのでしょうか?

落札者に対抗できないと思います。

> 3)兄嫁の土地内に共同利用している浄化槽があり、清掃費等の維持費用は折半で私も負担していますが、これを家賃的な位置づけとして捉える、というのは無理がありますでしょうか?

難しいと思います。

> 4)私が落札した上で、①兄嫁に退去してもらう、②兄嫁との間で賃貸借契約を交わし家賃をもらう、はどちらでも問題無いでしょうか?

そうですね。

2018年10月12日 03時16分

この投稿は、2018年10月12日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 使用貸借の土地に建つ建物(所有者:私)への居住権について

    父の土地に私が7年前家を建てています。父は高齢でそれまで建っていた建物が老朽化して住めなくなったけど建て替えが困難だったため、私たち夫婦が2世帯住宅を建てて一緒に住むことにしました。 ところが、土地の所有者である父が一方的に更地にして出て行けと言い出しました。 この場合、使用貸借が切れたとして私たちは更地にして出...

  • 使用貸借付きの土地の相続

    二年前に祖母が他界しました。現在母と弟2人の三人で遺産相続についてもめています。 祖母所有の土地に長男が祖父から贈与された建物に家族で住んでおりました。同じ土地に祖母も別の建物に住んでいました。この建物も長男が祖父から贈与されたものです。 土地の登記は贈与でなく売買になっております。 祖母の死後、相続で調停に...

  • 使用貸借した土地にある建物購入

    10年前に死亡した地主名義(全相続人が相続放棄登記簿の変更なし)の土地に立つ賃貸アパート1棟(法人名義で登記)の建物購入を検討しています。当該土地の使用は、実態として使用貸借の模様で、現在賃料の支払い(供託も含め)無し、一切の契約書なしの状態です。当方が想定しなければならないリスクをご教授ねがいます ※死亡した地主に過大...

  • 土地建物の使用貸借に就いて

    弟夫婦が居住している状態で平成8年に長男の私が父からその土地家屋を相続しました。特に使用貸借契約のようなものはありません。このような場合、家屋が住めない様な状態になれば返して貰えるという事ですが、その際には何か法的手続きは必要でしょうか?又、使用貸借契約も何も無ければいつでも返還請求出来るものでしょうか。ちなみに...

  • 使用貸借の建物を土地の持ち主にできるか

    先日家内がなくなり家内名で登記されているアパートを相続しました。そのアパートは彼女の親族が所有する土地の上にあり、固定資産税程度の賃料で借りていたようです。契約書は無く、貸主も相続しているので、当初の事情を知っているものはいません。この場合、アパートの買取を土地の持ち主にすることができるのでしょうか。またその場...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。