借地権付建物の賃貸

【質問内容】
借地権付建物の賃貸は、地主の承諾を要しますか?

【経緯】
1 父が昭和39年に地主と契約期間30年間の「地上権設定契約書」を作成した。
2 建設する建物の用途は何ら記載していない。但し、借地権の譲渡・転貸は地主の承諾を要す。
3 父は木造の家屋を建設(建物登記済)し、居住していた。
4 最初の契約期間内に父は亡くなり、同居する長男(私)が建物を相続し、現在は母(亡父の配偶者)、長男夫婦が居住している。
5 平成6年に長男の名で30年間の契約更新をした。
6 地代(契約当初は月額550円でその後増額改定を何回か経て現在月額3000円)の遅延は1回もない。
7 この度、長男は近所に中古住宅を購入し、そこに転居する予定である。
8 転居後は、当該借地権付建物を第三者へ借家として賃貸する予定である。
don8686さん
2009年12月14日 10時48分

みんなの回答

弁護士A
ベストアンサー
ありがとう
契約書を見てみないと確かなことはいえませんが、
本件地上権は建物所有目的、借地権でよろしいでしょうか。

土地賃貸借の場合ですが、賃借土地上の所有建物を第三者に賃貸しても、土地の転貸とはなりません。賃貸人の承諾は不要です。建物を譲渡する場合には賃貸人の承諾が必要となりますが、建物の賃貸なら借地権の譲渡、転貸にはあたらないということです。

本件でも、「借地権の譲渡・転貸は地主の承諾を要す」とありますが、これにはあたらないということになります。

念のため地主と話してみるといいかもしれませんが、もし地主が拒否しても、借地権の譲渡・転貸にはあたらないと主張して大丈夫です。

2009年12月14日 12時05分

don8686 さん (質問者)
質問者です。
早速のご回答ありがとうございました。

契約書では、借地の目的は家屋の所有となっています。
引っ越す理由は、隣地に住む地主の嫌がらせです。
宗教法人の代表である地主(地主も契約当初の所有者から相続で長男に変わっています)は、私たちが住む借地やその周辺をを墓地か境内にしたいらしく、近年借地部分の南側隣接地に杉などの木を植え始め、明らかに当方の家屋に陽がささないようにしています。
苦情を言っても、枝が当方の家屋に当たっているわけでもないからといって相手にしない状況です。
そこで移転を考えて不動産業者に相談したところ、その嫌がらせの事情も含めて不動産業者の社宅として借り上げましょうといった経緯でした。
僅かでも家賃が入ると購入住宅のローンの足しになり助かります。
どうもありがとうございました。

2009年12月14日 12時42分

この投稿は、2009年12月14日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

あなたが借りている土地(借地権)に相続税が生じるかを調べる方法

あなたに、他の人から借りている土地がある場合、家族はあなたが亡くなった後、「他人が所有する土地を利用する権利」(借地権)を相続することになり...

この相談に近い法律相談

  • 相続後の借地権等の扱い

    地主からの質問です。 昭和37年,借地人(A氏)と建物所有目的の借地契約締結。 その後,3〜5年ごとに地代等の協議をし書面を交換してきたが,平成16年3月の協議の際,A氏死去が判明(平成14年3月に死去)。その際,地代据置について,同居のA氏長男(以下単に「長男」)と契約更新について合意し,書面を交換。 その後,平成18年頃から長男...

  • 共有土地解消方法と介護施設中の母、権利売買契約は違法行為なのか?

    共有関係を解決したい。25年前に父が死亡。土地は姉、弟が共有持ち分相続。私は放棄.家屋相続は母で以後、姉と居住。 姉は昭和48年に離婚後、両親と同居。弟は昭和61年結婚以来、市公団住宅暮らし。家賃月に16万円支払う。 母が平成27年10月29日に死亡。弟は共有関係を解消する為、姉に買い取りを求めるが価格設定で不成立。姉は...

  • 建物(区分建物)の借地権について

    私所有地の上に、20年以上前に3階建ての鉄筋造の店舗兼住居用建物を建築しました。 建物の2,3F部分はA氏の区分所有建物として登記がされています。 1F部分は私名義で区分建物として登記されています。 ただ、2,3F部分は当時の確認申請に基づかずに建築したいわゆる違法建築物件ということが 建築後に判明しました。 また、...

  • 借地の期間延長と名義書換えをした場合の契約について。

    母が所有する建物は借地上に存在し、その土地は昭和30年頃から地主さんからお借りしてます。現在に至るまで、何回か借地契約を更新してきたようです。 建物の老朽化が著しいため、地主さんとも相談をして、私名義の建物として建て替えることにしました。 その結果、 ・現時点で借地契約の残存年数5年と、新たに20年を加えた25...

  • 建物は地主の所有物と主張された場合の借地権(賃借権)への影響

    13年前に相続した借地権を地主が否定し始め困っております。 遺産相続により継承した建物の所有権と敷地の賃借権のうち、建物の所有権は地主(被相続人が経営していた会社)のものであると主張されました。 事実であった場合、相続人は引き続き賃借権を主張可能でしょうか? 仮に、敷地の賃借権も無効となった場合、これまでに支払った...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。