土地決済直前の分筆登記について

土地契約後(決済直前)に仲介業者から
・以前隣の人に売った部分の分筆登記がまだだった
・現状は登記簿上、隣人がはみだして境界ブロックを設置している状態
・今から分筆するので、その部分を引いた土地取引だったことにしてほしい。覚書で変更可能
・土地総額÷総面積(平米)×減った面積(平米) の分を減額する
・不満であれば白紙解除は可。違約金請求や損害賠償請求は厳しいので、減額に応じたほうが良い
・分筆に応じず、白紙解除もしないのであれば契約続行となり、隣の人のブロックを撤去させる
と言われました。

・そもそも登記簿売買で契約しており実測売買ではないこと
・占有や隣人との引き継ぎ事項、紛争はないと説明を受けていた
・ブロック撤去は隣人トラブルの予感
・融資の手形発行が完了している(減額すると再度申請し直しになり、決済期限に間に合わない)
・地盤調査をこちら費用負担で実施済み
ということから考えると、

こういった条件ならばはじめから契約しなかったのに、という気持ちがおさえられません。

できれば契約違反や重要説明事項の不備として、違約金せめて地盤調査費だけでも請求して契約解除としたいのですが、可能でしょうか。

または買主にメリットのある条件を提示して契約続行をする場合、どういった条件が提示できるでしょうか。

ご回答よろしくお願いいたします。
2016年11月17日 14時16分

みんなの回答

村上 誠
村上 誠 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都3
ベストアンサー
ありがとう
> できれば契約違反や重要説明事項の不備として、違約金せめて地盤調査費だけでも請求して契約解除としたいのですが、可能でしょうか。

債務不履行ないし契約締結上の過失に基づく損害として、損害賠償請求をすることは可能だろうと思います。

> または買主にメリットのある条件を提示して契約続行をする場合、どういった条件が提示できるでしょうか。

売主ないし不動産仲介業者の責任において、当初の契約内容どおりか、それに近い履行をしてもらって、履行できない部分については損害賠償をしてもらえれば、いいのでしょうが、そのような履行や損害賠償がしてもらえるかどうかは、具体的事情によりますので、何ともいえません。

2016年11月28日 08時59分

この投稿は、2016年11月17日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 土地明渡訴訟の土地上の物品について

    材料置場として賃貸した土地について、何度も支払を延ばされ、半年間の地代不払いでの訴訟による明渡しを検討しています。 土地には、古い建築木材がトラック2台分位放置され、また、土地の周りには、借主が設置した フェンスがあります(フェンスには基礎が無く、支柱は地中に埋めているだけですので、撤去は出来る と思います) ...

  • 不動産取引トラブル(法令上の制限)で発生した損害賠償請求について

    仲介業者対個人消費者の争いで、個人の過失が一切なく、 業者の調査怠慢または過失により不動産取引に起因する損害発生。 そこで、賠償請求項目で他に何が考えられるか? 和解・訴訟になった場合、請求項目の中で認められやすいものと 認められにくいもの、予想金額など教えて下さい。 和解合意・訴訟どちらでも 不動産トラブ...

  • 不動産の売買契約の契約違反について

    先日、不動産業者(売主)から戸建住宅を購入し、契約書の中には「売主は、買主に対し、残代金支払日までに、土地につき現地にて境界標を指示して境界を明示します。」と記載されていました。 ところが先日法務局で確認をしたところ、私が購入した土地には境界標を設置しなければいけない箇所が8ケ所あるのですが、そのうち2ケ所し...

  • 土地売買に関する重要事項説明内容の相違について

    先般、注文住宅の建築に伴い、不動産業者より土地を購入しました。 購入に伴い、重要説明事項の説明があり、内容確認の上、 押印をし、またローン決済を行い、登記移転手続きも完了致しました。 その後、建物の建築に伴い、ハウスメーカー(土地購入先とは別)と建築申請の事前確認を実施しました。 その際、上記で購入した土地が...

  • 不動産売買契約書と付帯設備表の条項が相反した場合

    先日、個人間で中古戸建住宅を売買しました。売主買主ともに不動産業者ではなく一般の個人です。 契約書の条項には「本物件は現状有姿売買とし、売主は本物件に対する瑕疵担保責任は負わないものとする。」と記載されています。 しかし、契約書と同時に取り交わした付帯設備表には「引渡し後7日以内に限り、故障無しと記載した設...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。