重要事項説明書の記載ミス

数ヶ月前に土地の売買契約をして、今は頭金だけ払っている状態ですが、契約事態は終わっています。
重要事項説明書には、「直ちに利用可能な施設」(*説明時において、現に利用されている施設及び利用可能な状態にある施設)の項目の 水道(公営)の部分が、前面道路配管 《有》になっているのですが、実際工事に入ろうとして水道業者が調べたところ、全面道路に通っている菅は、一般家庭には分岐することが不可能な配管で分岐できる菅のあるところから水道を引っ張ってくると水道引き込み工事だけで約500万ほどかかるとの事でした。土地購入と建築費用だけでもギリギリなので、追加で500万はとても払える額ではありません。市に問い合わせても今後もそこに水道を引く計画はなく、自己負担になりますとの事でした。もうすでにその土地を購入する為に農地転用にかけたり地盤調査をしたりもしていて場所も気に入っているので、どうしてもそこに建てたいのですが、お金が足りません。この場合工事費の負担を仲介業社の不動産屋にしてもらえるのでしょうか?ちなみに、他人の土地を通させてもらう方法もありますが、リスクがある上にそちらでも150万ほどかかるようです。何かアドバイスお願い致します。
b4_29bcさん
2016年08月02日 22時50分

みんなの回答

波多野 進
波多野 進 弁護士
不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
説明義務違反がある可能性があると思います。500万円も要するのであれば直ちに利用できるとは評価出来ないのが常識的と思われます。このような観点から損害賠償請求、代金減額、契約解除などどのような手段をとるべきかを検討するべきように思います。早めに不動産事件をよく担当している弁護士にまずは相談してみてはどうでしょうか。

2016年08月03日 00時50分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
この場合工事費の負担を仲介業社の不動産屋にしてもらえるのでしょうか?

例えば、仲介会社へ説明義務違反を理由に損害賠償請求も考えられますし、売主にも瑕疵担保責任を問える場合もなくはないと思います。
前面配管ありになっているのであれば、通常は水道がそのまま使える状態であるのが常識的だと思われますので。その地域や当事者の意思によって事情が違ってくる場合もあるとは思いますが、何らかの責任追及は検討したいですね。

2016年08月03日 03時01分

b4_29bc さん (質問者)
早速のご回答ありがとうございます。ちなみにその土地は売主も長年放置して使っておらず、だれもが配管は前の道路に通っていると思っていたようで、仲介業社の不動産屋も完全にそう思い込んでいたようです。故意にではなくても情報が間違っていた場合は、仲介業社の説明義務違反ということになるということで大丈夫でしょうか?またはその場合売主の責任はあるのでしょうか?

2016年08月03日 03時59分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
仲介業社の説明義務違反ということになるということで大丈夫でしょうか?

過失があれば可能性はあります。
ただ、例えば、調査が簡単でない場合は、責任追及が困難な場合もあるかもしれません。

またはその場合売主の責任はあるのでしょうか?

瑕疵担保責任の可能性という意味ではあります。

2016年08月03日 04時40分

b4_29bc さん (質問者)
ご回答ありがとうございます。
調査じたいは水道局で確認すればわかったことだと思われます。
通常そのような確認はしないものなのでしょうか、、?

2016年08月03日 05時03分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
通常そのような確認はしないものなのでしょうか、、?

前面配管はすると思います。
ただ、私設引き込み管までは調べても分からない場合はありますし、その配管の状況がどこまで調べられるかという問題はあると思います。
それも水道局で簡単に調べられることができるものなら、不動産会社のミスの可能性はありますね。

2016年08月03日 05時19分

b4_29bc さん (質問者)
重ね重ねありがとうございます。 水道業者も建設会社も水道局で確認できたということですので、調べたらわかる内容だったと思われます。完全に不動産会社のミスの場合、工事費用全額を請求できるのでしょうか??

2016年08月03日 22時24分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
完全に不動産会社のミスの場合、工事費用全額を請求できるのでしょうか??

実際にどこまで認められるかはわかりませんが、請求ということであれば、構わないと思います。

2016年08月04日 05時41分

b4_29bc さん (質問者)
何度もすみません。不動産会社からは全く誠意ある対応がみられないので、要点をまとめて不動産会社に質問しようと思うのですが、



・契約書製作にあたり水道の件で、どのような調査方法で調べましたか?
(水道局に行って調べましたか)
・水道局に行って引き込み可能な水道の菅が通っていると言われたのなら、そのときの状況を詳しく教えてください
・この件についてどのような対応を考えておられますか?


このような内容で質問しようかと思うのですが、これ以外に聞いておいたほうがいい内容があれば教えていただきたいです。

ちなみに今回の土地はもともと不動産会社の方の持ち物で、以前に今回の売主さんに売った土地らしいです。売った当時は農地で買主も建物を建てる予定はなく、水道の件は確認していないとのことです。
(今回土地購入にあたり、こちら負担で農地転用にもかけています。)

2016年08月04日 14時52分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
これ以外に聞いておいたほうがいい内容があれば教えていただきたいです。

例えば、重説に書かれている保証協会の確認、知事(or.大臣)免許の確認、宅地建物取引士の確認、ですかね。

2016年08月05日 04時53分

この投稿は、2016年08月02日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,127名の弁護士から、「不動産・建築に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 新規購入した土地の給水管について。

    新居建設のために土地を購入したのですが、購入後、事前説明よりも何倍もの、水道管敷設工事費がかかることが分かりました。費用面を負担を売り主、不動産屋に請求出来ますか? 新居を建てるために、土地を購入しました。土地を購入する際、水道管が土地から少し離れた場所を通っていたため、工事費に不安な面もあり、土地所有者及...

  • 住宅購入後の解約について

     先日、建売の新築戸建物件を購入しました。この物件が購入時の説明と異なっていることが発覚したので解約したいと考えておりますが可能でしょうか?  購入した物件は庭が南側にあり、その南に3m幅の雨水を流す用の水路が通っており、その南には住宅を建てるための開発用の土地が広がっています。  この物件を内覧した際、仲介業...

  • 重要事項説明書について

    14年前に中古戸建を購入しました。 その際に不動産業者からの重要事項説明書に飲用水・水道については公営となっていて間違いは無いのですが、購入した並びの7軒の宅地を水道管が通っていることがわかりました。水道局は宅地に入っている管のため、共有管ですとのこと。 現在、お隣が建替え工事になっていてその水道管は使わないので...

  • 土地の高さ。glの設定ミス(北側奥の道路高さに設定すべき?

    建築基準法の解釈について教えていただけますでしょうか。 『第2章「建築物の敷地、構造及び建築設備」の第十九条に「建築物の敷地は、これに接する道路の境より高くなければならず、建築物の地盤面は、これに接する周囲の土地より高くなければならない。 ただし、敷地内の排水に支障がない場合又は建築物の用途により防湿の必要がな...

  • 解体工事 追加費用請求

    土地の売却をするため、その一部に建てた24坪の2階建て住居の解体と整地を不動産業者から解体業者に依頼しました。土地は100坪ですが、賃貸用の家(建坪24坪)を1軒建てていました。この家の解体並びに整地として見積もり費用は約170万でした。 工事が始まると不動産会社から、外壁材からアスベストが見つかったので別途35万かかります...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。