売買契約後の現況との相違について

建物付き土地の売買契約について、ご教示ください。

建物付き土地の売買契約を締結しました。
契約書には図面が添付されていますが、契約翌日に現況と異なる部分があることに気付きました。
具体的には隣地との境にある塀が購入した敷地内に設置されていました。

ちなみに隣地も同じ業者の分譲ですが、その物件内に塀が構造されていることになっています。
(ですので、実際には図面で示した塀は存在せず、現物はずれた場所にあることになります。)

土地の公示図は現況どおりなのですが、当方購入契約に記載のない塀が実在するような状態です。

このような場合、現況、当方購入の土地内にある塀は、どのような扱いになるのでしょうか。

このままですと、当方の土地に他者の塀が構造されている状態になってしまうのでしょうか。

また、今から売買契約書の訂正を求めることは可能でしょうか。

何卒、ご教示の程、よろしくお願いいたします。
2015年06月28日 15時44分

みんなの回答

好川 久治
好川 久治 弁護士
不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
隣地の塀が越境しているわけですから、売主に対して越境部分の撤去を前提とした改善を求めることが基本になるかと思います。これによって契約目的を達しえない場合は契約解除をすることも可能です。解除できないなら越境による面積減少分について損害賠償を請求することになるでしょう。契約のなかに、現状有姿、瑕疵担保免責が条件になっていると、これらは請求できませんが、隣地が同じ業者による分譲なら、越境の事実を知らなかったとは言えないでしょうから、売主に対しては強く要求していくことになるでしょう。

2015年06月28日 18時40分

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
そのまま売買契約を進めた場合、
売買契約書には造作物等は引き渡しまでに撤去するという
条項があると思うので
引渡しまでに売主に
敷地内の塀の撤去を求めることになるかと思います。

その点についてどうするのか
売主、仲介業者に確認されたらよいと思います。

2015年07月02日 10時54分

この投稿は、2015年06月28日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 液状化の土地を白紙解約できますか?引渡しせまっているので緊急!

    戸建の売買契約をしました。引渡し前に地震が起こり、ひどい液状化の被害があり、建物は不同沈下しました。庭、駐車場も液状化して泥水が噴出。水道、ガス、下水はすべて使えなくなり、2週間後にようやく仮復旧した状況です。 建物は古く、建替えを前提にしていたので、瑕疵担保免責にしてあります。 本物件が液状化の恐れがあるとは...

  • 「土地売買の条件、有効・無効の判断について。」

    ※土地売買に関して質問をします。  約6年半前に自宅を建設する予定で宅地(第一種中高層住居専用地域)を購入しました。その直後私が病気になり会社も退職する事となった為、住宅建設をあきらめて更地のままの状態になっています。  私は現在も無職の状況が続いており、毎年の固定資産税の支払いも大変なので、残念ですがこの宅地...

  • 太陽光発電における土地購入

    太陽光発電を土地購入で実施したのですが、業者がよく確認せずに設置したため、土地の形状が正方形の土地の縦に2つ割れているにもかかわらず、横方向に2つ設置されてしまい。私の土地の半分に業者が土地を貸している別の方の設備が設置され、私の設備は業者の土地にはみ出し設置されています。私としては、太陽光発電を目的に土地付き...

  • 土地の所有権に関して

    土地の所有権に関する質問です。 ■状況  昭和64年に土地を登記し、建物(工場)を建設いたしました。この際、建物の周辺の国(旧内務省)の所有となっている土地(登記では悪水路と分類されているものです。)は購入せずにアスファルトで舗装し、駐車場を作りました。その横は通路状態になっており周辺の住民も利用しております。...

  • 土地の前所有者により設置された給排水設備が隣家の土地を経由することについて

    3区画ある分譲地の1区画を購入しマイホームを建てました。下水管は土地の前所有者である不動産業者により設置され南側にしかれました。しかし他の区画の端を経由しての設置となりました。この土地は高低差があり他の区画を介さない北側に下水管を設置するには難しかった為です。 残りの区画にうち当方の下水管が通っている区画を別の...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。