ストリートビューとプライバシーの侵害について

公開日: 相談日:2014年04月13日
  • 2弁護士
  • 4回答

プライバシーの侵害の定義や概念がよくわからないのですが、土地や建物の所有者の許可なくそれらを撮影し、当該情報を誰でも閲覧可能な状態でウェブ上にあげる行為(グーグルストリートビューに限った話ではありません)は、プライバシーの侵害にはなりえないのでしょうか?

245409さんの相談

回答タイムライン

  • 小沢 一仁 弁護士

    注力分野
    不動産・建築
    タッチして回答を見る

    撮影されている部分が、公に公開されているか否か、外部から見ることのできるものか否かなど、写真等の内容によると思います。

    当然のことながら、家の内部を撮影して、撮影された人の生活状況がわかるような極めて私的な部分が公開されればされるほど、プライバシー権侵害と評価される可能性は高まります。

  • 相談者 245409さん

    タッチして回答を見る

    他のサイトの情報等と合わせて、誰が住んでいる家なのか等が特定できるようになっている場合は、プライバシーの侵害になりえますか?

  • 相談者 245409さん

    タッチして回答を見る

    つまり、誰でも見ることができるものをウェブ上にアップしたとしても、プライバシーの侵害にはなりえないということですか?

  • 小沢 一仁 弁護士

    注力分野
    不動産・建築
    タッチして回答を見る

    プライバシー権の侵害は不法行為にあたりますが、不法行為の有無は原則として個々の行為を基準にして判断します。

    例えば、AさんBさんがCさんの情報を公開していたとして、AさんとBさんのそれぞれの行為によってはプライバシー権侵害が認められないものの、AさんとBさんの行為を合わせればプライバシー権侵害になるような場合であっても、AさんとBさんが結託してそのような行為を行ったというようなことでもない限り、AさんのとBさんの行為はそれ自体を見ればCさんのプライバシー権を侵害していないのですから、Cさんに対する不法行為責任は認められません。

    反対にAさんの行為のみによってプライバシー権侵害と認められるのであれば、AさんはCさんに対し、不法行為責任を負うことになります。

  • 相談者 245409さん

    タッチして回答を見る

    結託したと言えるか否かの基準とはどのようなものなのでしょう?

この投稿は、2014年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから