小作権と小作料について

私の母(85歳)はAという田に小作権を持っています。これまで65年にわたり小作料を支払ってきましたが、高齢になり現在は何も耕作していません。ただ当時の約束で将来母がこの土地を買い取るということになっていたそうです。しかし、数年前、その相手が死亡し、今は事情を知らない息子の所有になり、毎年値上げを要請してきます。約200坪あり、1~2万円だったものが今年は5万円を要求してきました。市街化田で固定資産税がそれくらいくるというのが言い分のようです。嫌なら小作権を無条件で放棄してくれと言ってきました。
今の時代に小作権がどれくらい効力があるのかわかりませんが、将来買い取るつもりで65年間も
小作料を支払ってきた母は、先方の値上げ要求に対抗できませんか?
買い取る約束は口約束だったので、無理だとしても高額な固定資産税を小作人が全額支払う義務がありますか?
場所は市街化田で道路のそばにあり、近い将来売却する可能性があるようです。
2013年12月10日 12時32分

みんなの回答

郡司 宏
郡司 宏 弁護士
ありがとう
小作権は、土地の賃貸借に基づく賃借権のように、法律上、確固とした強い権利ではありません。従って、耕作放棄したりしていると解除の理由となります。その時に小作権の買取はありません。小作料も話し合いによって決めて好いものです。高いのであれば小作調停に出して話し合いをしてください。また耕作していないのであれば、明渡料を話し合いでもらって引き渡した方がよいと思います。

2013年12月10日 12時42分

この投稿は、2013年12月10日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 賃料の請求について

    5年前に元夫からの異常な暴力に耐えかねて家を出ました。家は2世帯住宅になっており、別居を始めた当時自宅には元夫と私の父が住んでおりましたが、3年前に父が亡くなり、それからは元夫と長男が2人で住んでいます。  家の権利関係については、土地は借地で借地権は父が持っていたため、私がそのまま相続しております。建物につい...

  • 借地代値下

    借地代を固定資産税+都市計画税の3倍まで値下げする要求を調停申立てしたいのですが不調で裁判になると覚悟しています。今の支払借地代は14倍で、近隣相場も14倍です。 10年前の賃貸契約で敷金1年分預託してあり、権利金の支払はありません(宅地造成費120万円は借主負担)。公示地価は10年で34%下がっています。今の公示地価総額は780万...

  • 借地の地代交渉について

    現在、借地に自己所有の家を建て年金生活をしています。 昨年末に地主さんが亡くなり、息子さんがその土地を相続したのですが地代の値上げを要求してきました。 このあたりの土地について調べてみたところ、その土地の固定資産税額は年額8万円くらいで毎月支払っている地代3万6000円でも充分な額だと考えています。 私たちの毎...

  • 農協から借入金について

    私の父は若い時より農業を営んでおり農協現在のJAより借金をしては80歳を越えた現在でも支払い続けている次第です。勿論、収入はなく国民年金のみの生活です。母も健在ですが、同じ高齢者で国民年金のみです。又、父は在宅酸素の生活で国民年金のみの生活者にとっては高額の医療費です。よく、過払い金請求と聞きますが農協から借入金...

  • 相続時の借地権付き不動産評価価格と代償分割について

    相続時の借地権付き不動産評価価格と代償分割についての質問です。 母(被相続人)が持っている土地Aに兄が会社法人としてビルを建て、会社として母に相当額の地代を払っていました。昨年、母がなくなり時価総額1億円の土地Aと現金5000万円が遺産として残りました。 兄はもちろん土地Aの相続希望で、私には現金5000万は全てくれるとの...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。