供託金の還付請求

公開日: 相談日:2012年04月05日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

駐車や物置場として貸している土地にについて(賃貸期間の定めなし、建物なしで、借地権も発生していない)、内容証明書で土地の明け渡し請求をしたところ、明け渡しを拒否され、現在地代を供託されています。只、当該地の固定資産税の支払い負担が大きいため、、供託金の還付請求をしたいのですが、還付を受けることにより、明け渡し請求を解除(請求の取り下げ)したことになってしまうのでしょうか? 
家賃の増額要求に伴う供託金の場合は、「家賃の一部として受領する」などの留保条件を付けて還付請求すればよいとの意見もあるようですが? 本件のような、土地の明け渡し請求に伴う供託金の場合、明け渡し要求を解除しないで供託金を還付請求するにはどのような方法があるのかご教示願えれば幸甚です。

115058さんの相談

回答タイムライン

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    還付請求をしておかないと,明渡請求が認められる可能性が出てきた場合に,供託金を取り戻されてしまうことがあります。そうしたら,別途,契約解除後の賃料相当損害金の請求をしなければならなくなり,そのときに相手方の資力がなくなっていたら,取り損ねてしまいます。よって,賃料相当損害金として受領しておく(還付しておく)ことが相当です。賃料として受領した(契約が解除されていないことを認めた)と反撃される心配があるのであれば,供託金還付請求をするが,明渡請求を撤回するものではなく,賃料相当損害金として受領するものである旨の内容証明郵便でも予め送付しておくことが考えられます。

  • 相談者 115058さん

    タッチして回答を見る

    早速、ご回答いただき深謝申し上げまます。
    供託金を取り戻されると、厄介になると思っていましたので、ご指摘のような方法で償還請求する予定です。ありがとうございました。

この投稿は、2012年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「借地」に関する情報をわかりやすく解説した法律ガイド

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから