賃貸退去時の請求について

公開日: 相談日:2021年02月16日
  • 1弁護士
  • 1回答

相談の背景
2019年2月頃、ユニットバスで湯に浸かろうと背をもたれた時縦に20cm〜30cmくらいの亀裂を発見しました。天井のカビ等他の問題もあったが対応してくれなかったのもあって、対応が長くなるのを避けたく、いったん自身でとりあえずの補修のみして放置していました。原因については全く身に覚えがなく、その時に初めて気がついた亀裂です。ただ言えるのは入居中にできた亀裂であるのは間違いありません。

そこから時間が経ち2021年2月に退去したのですが、退去後2週間しない程度で見積もりの連絡がきて、トイレ風呂一体型のユニットバスなので60万以上の金額となる、保険に連絡してくれとのことでした。

以下物件情報

築年数:1990年9月築の鉄筋コンクリート
入居年月:2013/3〜2021/2
事故発生又は発覚日:2019/2頃

質問1
入居中の亀裂とはいえ、通常の使用を超えるような使い方は一切していないのでそのような金額は払えないというのが私の主張です。

先生方のご意見をいただきたく存じます、いかがでしょうか。御回答、お待ちしております。

998969さんの相談

回答タイムライン

  • 新 康平 弁護士

    注力分野
    不動産・建築
    タッチして回答を見る

    質問1についてですが、特殊な使用方法をしていない限り、建築から20年も経過しているようですし、経年劣化で亀裂が生ずることもあるのかと思います。また、取り換えが必要なのかも疑問ですし、その費用に60万円も必要なのかも疑問です。大家さんの方で保険に入っているようならそちらのほうで対応できるはずですし、保険やさんに相談されるというのも一つの手です。
    また、相手方から法外な賠償を既にされているという事でしたら、お近くの弁護士に相談されることをおすすめします。

この投稿は、2021年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから