賃貸の退去費用について。畳、クロスの一室単位の張替えについて。

公開日: 相談日:2018年04月09日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

賃貸マンション(築29年)に7ヶ月住み退去しました。
その際に、契約書の別表に「クロス・床材の張替えは一室単位で行い、乙の故意・過失による損傷箇所がその一部に過ぎない場合であっても、一室単位の張替え費用を負担しなければならない。」とあるので、きれいでも張替えは一室全てになると言われました。
クロスが片面汚れているので一室丸々の張替えになる旨(19,000円)と、畳が1枚は水によるシミ・1枚が傷により損傷しているので、一室全て6枚の表替えが必要と言われました。畳は経年劣化も考慮し92%負担の30,250円になると言われました。

クロスは部屋の片面以外綺麗で、畳も4枚は綺麗なので納得がいきません。
この場合にも、畳とクロス一室全ての張替え費用の負担をしなければならないのでしょうか。

650100さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都1位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    結論として、クロスは全部ではないにしても、ある程度の張り替え費用の負担は必要になるかもしれません。
    まずは、そのクロスをいつ張り替えたのか、確認してください。もしかなり前に張り替えたものなら、価値は下がっていますので、貴殿の負担額も抑えられます。
    他方、畳みはクロスと違って、汚れている部分以外の費用負担はいきすぎのように思われます。
    詳細は、下記の国交省のガイドラインをご参照ください。

     賃借人の負担対象範囲で問題となるのが、毀損部分と補修工事施工箇所にギャップがあるケースである。例えば、壁等のクロスの場合、毀損箇所が一部であっても他の面との色や模様あわせを実施しないと商品価値を維持できない場合があることから、毀損部分だけでなく部屋全体の張替えを行うことが多い。
     この場合に問題となるのが、「賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反による損耗・毀損を復旧すること」である原状回復の観点から、賃借人にどのような範囲でクロスの張替え義務があるとするかということである。
     この点、当該部屋全体のクロスの色や模様が一致していないからといって、賃貸借の目的物となりえないというものではなく、当該部屋全体のクロスの色・模様を一致させるのは、賃貸物件としての商品価値の維持・増大という側面が大きいというべきで、その意味ではいわゆるグレードアップに相当する部分が含まれると考えられる。したがって、当該部屋全体のクロスの張替えを賃借人の義務とすると、原状回復以上の利益を賃貸人が得ることとなり、妥当ではない。
     他方、毀損部分のみのクロスの張替えが技術的には可能であっても、その部分の張替えが明確に判別できるような状態になり、このような状態では、建物価値の減少を復旧できておらず、賃借人としての原状回復義務を十分果たしたとはいえないとも考えられる。したがって、クロス張替えの場合、毀損箇所を含む一面分の張替費用を、毀損等を発生させた賃借人の負担とすることが妥当と考えられる。
     このように毀損部分と補修箇所に大きな差異が生じるような場合は、補修工事の最低施工可能範囲、原状回復による賃貸人の利得及び賃借人の負担を勘案し、当事者間で不公平とならないようにすべきである。

この投稿は、2018年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから