公開日:

賃貸退去後の請求、家主・管理会社主張の問題点

2015年07月27日
ベストアンサー
多くの方が退去時・後の請求で相談されているかと思いますが、自分の事象として明確に参照できる案件を見つけられておりませんので相談させていただきます。
現在、家主から退去後の請求として追加請求されております。この請求についてこのまま支払うことに納得できずにいることからアドバイスいただければと思っております。現状は以下の通りです。

1.田舎にある築30年以上のワンルームで家賃1.5万円、たまに利用する場所として賃貸契約し、6年間ほど契約を続けた。
2.内覧時にフローリングの一か所が、柔らかくなっていたため、管理仲介業者に退去時に請求されないかコメントしたが、口頭で大丈夫と言われ、特に何らかの対応はその後しなかった。また、写真をとるといったこともしなかった。
3.退去確定時、家主から退去前であるもののルーム、エアコンクリーニング代として5万円請求されたことからすぐに支払い。
4.退去時立会設定をしたものの2日ほど前に家主がキャンセル。退去時は入居時と見た目は変わらずに退去。
5.その後私が海外に赴任となったことから連絡が付かなかったからと思われるが、連帯保証人に追加請求が届く。
6.請求内容は、床の陥没4か所により103000円ほどの追加請求。どういうことか詳細確認するため管理仲介業者に問い合わせるものの連絡がなく一か月経過。よって家主から延滞金2000円の追加、支払いがなされなければ裁判申し立ての旨が記載された催告状が連帯保証人に届く。
7.退去時に写真等を取らず、入居時と見た目が変わらず陥没などしていないことを証明することはできず。ただし管理会社・家主主張は入居前の状態は全く問題なかったと主張するもそのことを証明する資料は出てこず。さらに、床陥没という請求根拠を証明する書類はあるのかないのか分からないが家主は出してこず。
8.管理仲介業者経由で何度かやり取りをして請求は7万円に変更された。また裁判申し立てという記載があり、大事にしたくないとの思いもあり管理仲介業者には家主に対して支払いはすると口頭で発言をしたことから、7万円の請求書には合意の通り請求すると記載されている。
9.賃貸契約書と併せて作成した念書には連帯保証人も同等の責任と記載がある。連帯保証人は7万なら払ってこの件を終わらせるべきとの意見。

この状況でどうするのが適切でしょうか。
よろしくお願いします。
相談者(370852)の相談

みんなの回答

西田 広一
西田 広一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府3
ありがとう
退去時に写真等を取らず、入居時と見た目が変わらず陥没などしていないことを証明することはできず。ただし管理会社・家主主張は入居前の状態は全く問題なかったと主張するもそのことを証明する資料は出てこず。さらに、床陥没という請求根拠を証明する書類はあるのかないのか分からないが家主は出してこず。

 一旦了解して退去していること、本来経年劣化を超えた原状回復費用がかかることは家主が立証する責任を負うことからすると、その証拠を出して来ない限り支払の必要はないと拒むことは可能です。
 しかし、連帯保証人に訴訟の負担をさせることが忍びないというなら、7万円で全部終りという合意書を作成をして全てを終わらせると方法を取ることも一つの手段です。

2015年07月28日 06時55分

相談者(370852)
早速のアドバイスありがとうございます。
追加質問ですが、

1.一旦了解して退去していること
これは立会を家主がキャンセルしたことから、家主としてルームクリーニング費用5万円をもってして精算を終了することで了解したという意味でしょうか。


2.連帯保証人に訴訟の負担をさせることについて
連帯保証人は、家主が裁判申し立てを行った場合には私が海外にいることからして、無視するわけにはいかずに代理で出廷する必要があるという理解であっているでしょうか。

連帯保証人には家主からのコンタクト(電話や催告状など)があったら対応せずに私に連絡するのみとしてもらうよう話をしておりますが、最終的に当事者である私が日本にいないからということで連帯保証人は何もせずに様子を見るのみということでは済まされないのであれば、本件については手間を考えてあきらめようと思います。


3.証拠写真等の書類
今回のように写真を撮らなかった点、立会をキャンセルされたためにそのままにしてしまった点、そもそもは入居時点で多少の不備があったが口頭で管理仲介業者から大丈夫とだけいわれたことから対応しなかった点など、自分を守るための資料作りをしなかったことで家主の追加請求に強く反論できておりません。
また家主は一旦支払いに合意したのだから、とやかく言わずに払うのを待つのみと言っております。
但し、今回のケースはお互いに何の資料も出せない状況であり、陥没していないとすると(事実そうですが)、この請求は不当請求であり、それを拒むことで裁判申し立てとなるというのは、貸借人にとって非常に不利なものに感じ、かつ振り込め詐欺よりも悪質に思えてならないのですが、それは準備しなかったこちらの落ち度と言われてしまうものでしょうか。

仮に振り込め詐欺のケースであれば、いったん合意したところで支払う義務が無い限りにおいては何の行動もする必要はないかと思いますので、今回の話も同じかと思います。証拠を出すまでは何の義務もないし裁判をされたところで出廷の義務もないように思います。

裁判時になって初めて書類を出してくる(それまでに準備する)などという可能性も気になっているところですが、心配しすぎでしょうか。

2015年07月28日 21時40分

西田 広一
西田 広一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府3
ベストアンサー
ありがとう
1.一旦了解して退去していること
これは立会を家主がキャンセルしたことから、家主としてルームクリーニング費用5万円をもってして精算を終了することで了解したという意味でしょうか。

 そのような意味です。

2.連帯保証人に訴訟の負担をさせることについて
連帯保証人は、家主が裁判申し立てを行った場合には私が海外にいることからして、無視するわけにはいかずに代理で出廷する必要があるという理解であっているでしょうか。
連帯保証人には家主からのコンタクト(電話や催告状など)があったら対応せずに私に連絡するのみとしてもらうよう話をしておりますが、最終的に当事者である私が日本にいないからということで連帯保証人は何もせずに様子を見るのみということでは済まされないのであれば、本件については手間を考えてあきらめようと思います。

 あなた以外にも連帯保証人自身も訴えられる可能性があるでしょう。

3.証拠写真等の書類
証拠を出すまでは何の義務もないし裁判をされたところで出廷の義務もないように思います。

 裁判をされたら、出廷しないと敗訴します。

裁判時になって初めて書類を出してくる(それまでに準備する)などという可能性も気になっているところですが、心配しすぎでしょうか。

 その可能性もありえますが、通常は証拠をもっていないのでしょう。

2015年07月29日 07時37分

この投稿は、2015年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 退去時の請求について

    賃貸マンションを退去予定ですが、管理会社に連絡したところ、1ヶ月前の告知でも2年間の契約期間を満了していないため敷金の返還はないとの事。 それは理解できるのですが、部屋の修繕等が発生した際は別途修繕費を請求すると言われ、敷金の行方を聞くと敷金は修繕費用に充当しないとの回答でした。 更に、退去の立ち合い時に清掃費用...

  • 敷金返還請求の少額訴訟での慰謝料請求方法 水道料金の高額請求に対する賠償

    少額訴訟へ向けてのアドバイスをお願いします。 3月に11年借りていたアパートを退去しました。2LK,和室,築35年,家賃4万でした。立会い時には特に何も言われず、後日、大家からではなく不動産屋から、詳細の説明はない金額だけを羅列した見積書だけが送られてきました。襖、障子全ての張替えと、クリーニング代で敷金8万+5万円余りを支...

  • アパート退去後(解約日後)の原状回復請求について

    2月3日に8ヶ月ちょっと住んだアパートを解約しました。 年末に引っ越しが決まったので、年明けすぐに不動産屋の窓口で解約の申し込みを行い、2月3日の解約になることを了承し、一年以内の解約に対する違約金53000円を振り込みました。 退去の際の立ち会いについては双方言い出しませんでした。 1月11日に退去し、同月12日に両親と共...

  • 賃貸マンション退去修繕費請求について

    平成26年7月31日賃貸マンション退去契約解除。退去管理会社立会いの元で退去時修繕費16200円の請求を受けその後請求書が10月17日付で来ましたがそれが最後で以後電話も一切無く請求書も来なくなり平成28年の3月に突然支払いの催促に管理会社の担当者が来ましたが支払いの義務があるのでしょうか。その間電話も請求書も全く来ていません。

  • 店子の破産。こちらの費用は?

    私は建物のオーナーで、店子が破産申請をしました。そのまますぐに退去されましたが、この場合以下の請求は可能ですか。支払い能力がないということで請求可能なのか心配です。 ◎3か月前退去通告の契約でしたが、退去したいと言われたその月に退去されました。その間の3か月の家賃は請求可能か。 ◎内装は改造築されたまま退去されま...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。