賃貸退去時の修繕費請求に関して

公開日: 相談日:2014年08月24日
  • 1弁護士
  • 1回答

賃貸に17年半住んで退去した後に大家さんから修繕費用の精算書が送られてきました。

内装補修工事
 クロス貼替
  和室 壁      20㎡ @1,600 ¥ 32,000
  DK 玄関 天井,壁 37㎡ @1,600 \ 59,200
  洗面室 トイレ  壁 25㎡ @1,600 \ 40,000
 クッションフロア敷替
  洗面室              \ 10,000
 ボード穴補修工事
  和室 壁 一部交換,下地補強    \ 12,000
------------------------------------------------
 内装補修工事小計          \153,200
 消費税               \ 12,256
------------------------------------------------
 内装補修工事合計          \165,456

畳表替          6  @5,500 \ 33,000
室内清掃代              \ 30,000
家賃,共益費 (日割)   6日     \ 15,097
-------------------------------------------------
合計                 \243,553

敷金預り               \152,000
-------------------------------------------------
不足請求額              \ 91,553

このように補修費用全額の請求になっていました。

私としましては、退去前に過失として壁に穴が空いたことは申告しており、
その部分は負担するとしても、敷金の半分は戻ってくるのではないかと考えておりましたので、
補修費用の全額が請求されるとは思ってもいませんでした。

全国賃貸不動産管理業協会の原状回復のガイドラインなどの情報を確認しても、
通常の住まい方で発生する状態であれば、こちらで負担するのは間違っていると思っています。

ボード穴補修工事費用と家賃共益費日割は負担しても、敷金分の12万くらいは戻ってきてもいいのではないかと考えています。

大家さんに説得できるよう、御教授のほうお願い致します。

277075さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    長崎県1位
    タッチして回答を見る

    請求内容を見る限り、通常損耗分がまったく考慮されていないようですから、不当な清算方法であるといえます。

    ガイドラインなどを示して、通常損耗分は支払う必要がないことなどを説明してはいかがでしょうか。

    どうしてもその点でもめそうであれば、敷金返還請求の少額訴訟を提起すれば、短期間で解決できると思います。
    ご自分でも無理なくできると思いますよ。

  • 相談者 277075さん

    タッチして回答を見る

    回答いただきありがとうございました

    大家さんがガイドラインのことを知っていないようなので、
    ガイドラインの資料とこちらからの意見と敷金返還の要望を
    郵送などで送ってみたほうがよろしいでしょうか?

    何か対処策がありましたら提案のほうよろしくお願い致します。

この投稿は、2014年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから