ごみ屋敷化した賃貸マンションの家主から受けた原状回復費用について

公開日: 相談日:2015年09月06日
  • 1弁護士
  • 1回答

東京郊外で母親が住んでいる賃貸マンションについてです。
母はもともと掃除が苦手なのか、片付けができない性格でした。そんな性格だったからか、長年暮らしている間に室内にごみを溜め込んでしまい、ごみ屋敷化してしまいました。
家主より、母に退去していただきたいと申し出があり、母が別の賃貸マンションの入居保証人を私に求めてきたことから本件が発覚しました。連絡を受けて私は、ごみの片づけ後に母の私物を整理して転居させました。
現在、原状回復費用について約350万円の請求を受けております。内容は、害虫駆除、悪臭除去の薬剤散布、使用できなくなった風呂やトイレ、畳の交換、虫に食われた壁や天井の補修です。
家主さんは私も母もよく知る人物だったのですが、数年前に他界し、ご子息が相続されました。知人のマンションだったため、賃貸借契約書も存在せず、相続された後も、同額の家賃を毎月滞納なく支払っておりました。原状回復については他の入居者にも支払ってもらっていると家主は主張しており、また、息子である私に連帯責任があるとも主張しており、一方的に合意書なる書面を提示し、母と私が折半していつまでに支払うという内容だったため、妻に家の預金残高を確認しないと即答できないとコメントして持ち帰りました。
しかしながら、前記のとおり、賃貸借契約書が存在せず、私が保証人となった事実もありませんので、突如として350万円の請求をされて困っております。また、私は近畿地方在住であること、家主との生活時間帯が違う(私は朝方、家主は夜型生活)のため、家主との値段交渉等も思うようにいかずに困っております。
この件について、母や私の法的義務、民事上の義務、業界の慣習等についてご相談したいと考えております。当事者である母に本件の解決能力があるとは思えず、また、私も遠方居住につき、可能であれば東京近郊の弁護士さんにこの件を一任したいと考えております。このような、裁判沙汰にも発展していない案件でも弁護士さんに一任することは可能でしょうか。
どうか私たち親子を助けてください。お願いいたします。

382003さんの相談

回答タイムライン

この投稿は、2015年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す