私名義で契約している賃貸アパートに住んでいる兄弟を退去させたい。

公開日: 相談日:2016年07月17日
  • 2弁護士
  • 4回答

兄弟が自営業で審査が通らないということで、私名義で契約し兄弟が賃貸アパートに住んでいます。
家賃は私の口座から払っておりますが、実際は兄弟から毎月家賃を振り込んでもらい払っていました。
(万が一の時ように、兄弟からは事前に約半年分の家賃を振り込んでもらっています。)

私自身は別の場所で賃貸マンションを借り住んでおります。

ここから本題となります。
初めの約束として、2ヶ月滞納したら契約解除することを伝えておりました。
しかし、3ヶ月ほど家賃が振り込まれず、更に万が一ようのお金からも「少しお金を貸してくれ。」ということで、万が一ようのお金の残金が家賃1ヶ月分を切りました。
そのため今月末までに家賃が振り込まれない場合は、契約解除を考えております。

1)契約解除自体は、契約者が私のため問題なく可能でしょうか?
2)契約解除後に居座られた場合に退去させるにはどのような手続きが必要でしょうか?
3)手続きにかかる弁護士費用や期間はどれほどかかりますでしょうか?
4)退去以外に、兄弟の財産(車など)から家賃代を補填させるようなことは可能でしょうか?(居座られた場合です。)

ご回答よろしくお願いいたします。

469804さんの相談

回答タイムライン

  • 平川 麻紀 弁護士

    注力分野
    不動産・建築
    タッチして回答を見る

    1)契約解除自体は、契約者が私のため問題なく可能でしょうか?
     問題なくはないですが、解約には応じてもらえるのではないでしょうか。短期での解約だと、違約金として家賃一ヶ月分二ヶ月分の請求があることがあります。
     又貸しが発覚した場合、家主から契約を解除されます。

    2)契約解除後に居座られた場合に退去させるにはどのような手続きが必要でしょうか?
     建物賃貸借契約の解約後のあなたに兄弟を退去させる権限はありません。解約の前に兄弟を退去させるべきでしょう。解約後に居座られた場合、家主からあなたに損害賠償請求がなされると思います。

    3)手続きにかかる弁護士費用や期間はどれほどかかりますでしょうか?
     2)のとおりです。あなたが考えるべきなのは家主に対する、又貸しの責任です。

    4)退去以外に、兄弟の財産(車など)から家賃代を補填させるようなことは可能でしょうか?(居座られた場合です。)
     理屈の上では、家賃分は財産があれば支払わせることができるでしょう。しかし家賃を支払わず、さらにお金を借りている人に財産があるでしょうか…。

  • 原田 和幸 弁護士

    注力分野
    不動産・建築
    タッチして回答を見る

    1)契約解除自体は、契約者が私のため問題なく可能でしょうか?

    解約に関する規定があれば、それに従ってできると思いますが、仮に解約しても相手が退去しないと、大家さんから家賃相当額の使用損害金の請求は考えられます。

    2)契約解除後に居座られた場合に退去させるにはどのような手続きが必要でしょうか?

    大家さんからの建物明渡請求は考えられます。
    相談者からは解約後は退去させる根拠がなくなると思います。
    仮に相談者から明渡請求するなら、解約前にする必要があると考えます。

    3)手続きにかかる弁護士費用や期間はどれほどかかりますでしょうか?

    弁護士費用は弁護士によって基準がちがいますので、個別に尋ねられることになります。事件処理の時間はケースバイケースです。

    4)退去以外に、兄弟の財産(車など)から家賃代を補填させるようなことは可能でしょうか?(居座られた場合です。)

    相手が同意してくれるなら、可能かと思います。

  • 相談者 469804さん

    タッチして回答を見る

    平川先生
    ご回答ありがとうございます。

    >1)契約解除自体は、契約者が私のため問題なく可能でしょうか?
    >  問題なくはないですが、解約には応じてもらえるのではないでしょうか。短期での解約だと、違約金として家賃一ヶ月分二ヶ月分の請求があることがあります。
    >  又貸しが発覚した場合、家主から契約を解除されます。

    →言葉が足らず申し訳ございません。
      家主といいますか、物件の管理会社は私が名義人であることは知っています。
      また、兄弟が実際に住んでいることも知っています。

    >2)契約解除後に居座られた場合に退去させるにはどのような手続きが必要でしょうか?
    >  建物賃貸借契約の解約後のあなたに兄弟を退去させる権限はありません。解約の前に兄弟を退去させるべきでしょう。解約後に居座られた場合、家主からあなたに損害賠償請求がなされると思います。

    →解約の前に兄弟を退去させる方法はありますでしょうか?
      なお、損害賠償請求された場合の額はどれくらいでしょうか?

    >3)手続きにかかる弁護士費用や期間はどれほどかかりますでしょうか?
    >  2)のとおりです。あなたが考えるべきなのは家主に対する、又貸しの責任です。

    →上記の通り、管理会社は知っております。

    >4)退去以外に、兄弟の財産(車など)から家賃代を補填させるようなことは可能でしょうか?(居座られた場合です。)
    >  理屈の上では、家賃分は財産があれば支払わせることができるでしょう。しかし家賃を支払わず、さらにお金を借りている人に財産があるでしょうか…。

    →車を保持していますので、これを処理させれば補填ができると思い質問させていただきました。
      このような場合、法律上強制的に売却させることは可能でしょうか?

  • 相談者 469804さん

    タッチして回答を見る

    原田先生
    ご回答ありがとうございます。

    >解約に関する規定があれば、それに従ってできると思いますが、仮に解約しても相手が退去しないと、大家さんから家賃相当額の使用損害金の請求は考えられます。
    >大家さんからの建物明渡請求は考えられます。
    相談者からは解約後は退去させる根拠がなくなると思います。
    >仮に相談者から明渡請求するなら、解約前にする必要があると考えます。

    →平川先生の回答も拝見し、退去させるのは解約前にした方がいいこと分かりました。
    法的に解約前に退去させる方法はありますでしょうか?

    >弁護士費用は弁護士によって基準がちがいますので、個別に尋ねられることになります。事件処理の時間はケースバイケースです。

    →かしこまりました。
    ただ、ざっくりで結構ですので目安など頂けないでしょうか?

    >相手が同意してくれるなら、可能かと思います。

    →法的拘束力があるような手段は取れないでしょうか?

  • 原田 和幸 弁護士

    注力分野
    不動産・建築
    タッチして回答を見る

    法的に解約前に退去させる方法はありますでしょうか?

    裁判をすることは考えられます。

    ただ、ざっくりで結構ですので目安など頂けないでしょうか?

    建物明渡の場合は、弁護士によってもかなり違ってくると思いますので、ざっくりとでも出せないですね。あえて参考程度に出すとすれば、例えば、10坪程度の部屋であれば、着手金、報酬金併せて、30~50万円程度でしょうか。

    →法的拘束力があるような手段は取れないでしょうか?

    金銭請求で裁判に勝てば、相手の財産への差押えは考えられると思います。

  • 平川 麻紀 弁護士

    注力分野
    不動産・建築
    タッチして回答を見る

    追加情報ありがとうございます。
    無断での又貸しではなく了解を得ているということであれば、兄弟が住んでいいることを根拠に解約されることはないと考えられます。ただし、契約が継続し、占拠が継続する以上、お金は払わないといけないので、退去させた上で解約するのが最善でしょう。

    ・退去させる根拠については、契約に基づく賃料不払いによる退去ということになるかと考えられます。(ここでは兄弟からギャバンさんへの支払いです)
    任意に明け渡さない場合は訴訟をすることになるかもしれません。
    明け渡しまで強制執行ということになると、弁護士の費用は事務所によって変わりますが、執行官費用と合わせて30万円〜50万円程度でしょうか。

    ・家賃の補填については、任意で車等を処分して払ってくれればそれで良いのですが、任意に払わない場合はやはり訴訟の上強制執行になります。
    自動車等の動産は強制執行しても回収が期待できる金額が少額ですし、自動車にローンが残っていて所有権が留保されていると回収できないと考えてほうがいいでしょう。執行するなら預金債権や給与債権その他の債権のほうが、所在などが分かっていれば確実ですね。

  • 相談者 469804さん

    タッチして回答を見る

    原田先生、平川先生

    ご丁寧にご回答いただきましてありがとうございます。
    目安でもとても参考となります。

    弁護士の先生に相談や依頼をしながら、解約前に退去させるよう働きかけていこうと思います。

この投稿は、2016年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました