公開日:

退去と契約解除予告について

2015年05月13日
2ヶ月の家賃滞納が有りますが保証会社から期日迄にお支払いなき場合は、建物賃貸借契約の期間満了を待たずに解約する意思があるとみなし、連帯保証人の同意の元、賃貸借契約を解除すると同時に、住宅内に立ち入り住宅内荷物を強制撤去致しますのでご了承くださいませ。の通知がありました、やっぱりマンションから出なければ行けないでしょうか?
相談者(348751)の相談

みんなの回答

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
やっぱりマンションから出なければ行けないでしょうか?

大家さんは退去請求はできますが、保証会社が退去請求はできませんよ。
それに勝手に住居内に立ち入ったり、勝手に荷物を処分すれば違法です。

2015年05月13日 01時27分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
相談者で対応しきれない場合は、弁護士に依頼されることも検討されてください。

2015年05月13日 01時28分

野田 隼人
野田 隼人 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 滋賀県4
ありがとう
家賃滞納があるとのことですから,
退去自体はやむを得ないかと思われます。

家財の強制撤去については,
連帯保証人にもその権限がないのでしょうから,
裁判所の判決等によらずに私人が勝手に実行することは違法の疑いの強いものです。

2015年05月13日 01時37分

この投稿は、2015年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では15,759名の弁護士から、「建物明け渡し・立ち退きに注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

亡くなった人名義の賃貸住宅、相続放棄するなら退去しなければならない?

亡くなった人の名義で借りている賃貸住宅に住んでいる場合、相続放棄をすると退去しなければならないのでしょうか。住み続ける方法はないのでしょうか...

家族が孤独死…アパートの原状回復費用の支払いを求められたときの対処法

家族がアパートやマンションなどの賃貸物件で孤独死した場合、大家から原状回復費用や滞納家賃を請求される場合があります。こうした請求には応じる必...

不退去罪とはl罪が成立する要件と刑罰の内容

***他人の家などから出て行くように言われたのに従わない***と、**不退去罪**という犯罪が成立します。この記事では、不退去罪とはどのような犯罪なの...

この相談に近い法律相談

  • 賃貸借契約解除の催告

    現在、二ヶ月(5・6月分)滞納の賃借人が居ます。 賃料不払いによる契約解除の内容証明にて催告をしようと思います。 賃借人が上記の内容証明を受けとらず保管期間満了で返戻された場合、この催告は有効でしょうか? 賃借人の職場は不明です。

  • シェアハウスの強制退去について

    貸主から運営が難しいため、シェアハウスの運営をやめたい。と、相談がありました。 4月末までに新規入居者がいない場合は閉鎖するそうです。 まだ、居住してから半年もたっておらず、特に問題も起きておりません。 入居する際の契約は下記のようになっております。 [定借説明書] 下記住宅についてシェアハウス定期建物賃貸借契...

  • アパート賃貸借契約解除『後』における連帯保証人の責任

    滞納によるアパート賃貸借契約後も,賃借人が退去せずに居座った場合,その「契約解除『後』の家賃」に対しても連帯保証人は責を負いますか? 一般的には,3か月も家賃を滞納すれば家主側から契約解除となり,その滞納家賃に対して連帯保証人に請求が来るのは仕方ないと思います。 しかし,契約解除『後』,賃借人が「引越し先が...

  • 土地・建物の賃貸借契約の期間満了に伴う解約について

    Aの所有の土地にBが造成し、Bが建物を建ててC法人が借りて事業を行っている。 土地も建物も契約期間を10年間と明記して、賃貸借契約を締結。 AもBも賃貸借契約が満了する2年前から「契約期間が満了するので更新は行わない」とC法人に通知があった場合、賃貸借契約が満了すれば解除できるのか。 AもBもC法人には契約の更新...

  • 店舗の賃料滞納について

    貸店舗の大家です。賃料を4ヶ月滞納されてます。 以前にも滞納があり、敷金から崩したことがあります。連帯保証人への連絡、および、契約解除予告の内容証明をすべきと考えてますが、契約解除予告では何カ月後に契約解除と記載するのが妥当ですか? その先、支払がない場合は、どのようにするのが良いですか?店舗だと支払能力がなく...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

依頼前に知っておきたい弁護士知識

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。