【質問】賃貸の仲介業者について

普通賃貸借契約の満了が過ぎ自動更新になった

契約書は生きているが新たに契約書にサインをと賃貸人が折れない

自動更新の旨を伝えるが、今度は仲介業者と契約が切れているからやはり契約書にサインと求められる

一般的に賃貸人と仲介業者は一般媒介契約を結ぶケースが多い気がしますが、
賃貸借契約が自動更新されたからと、媒介契約が終了してしまう事はあるのでしょうか?

仲介業者とは契約が切れてるから新たに仲介業者紹介するから契約してくれとよく分からない主張をされて困っています。

こちらとしましては、
自動更新され、家賃滞りなく払い、共益費も支払ってるので、修繕が必要ならば例え大家に直接伝える状況であっても問題はないと解釈していますが、素人だとナメられてるのか一歩も引かない場合は弁護士の先生に書面だけ作って現状を伝えるべきか、無視をするべきか困っています。

又、上記を客観的にご覧になり賃借人に不利益ありますかね?
2017年03月24日 13時15分

みんなの回答

近藤 公人
近藤 公人 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 滋賀県3 不動産・建築に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
 賃料及び共益を支払っていれば、無視をしてもよいと思います。

 できたら、弁護士と相談した上で、弁護士のアドバイスを記載してあなた名義の手紙で差し上げる程度にした方が良いかも知れません。弁護士からの通知文書は、相手を刺激させるだけです。

2017年03月24日 14時20分

相談者
近藤 公人先生ありがとうございます。

>弁護士からの通知文書は、相手を刺激させるだけです。

なるほど…。
現在言った言わないにならない様にとメールにて対応していますが、
重要事項説明書に管理業の委託の記載がなく、賃貸借契約書に自動更新条項がある事をご理解されていないのか、あまり突っ込んだ話も出来ず穏便に済ませようと、
「更新自体はされてると解釈しており問題はない」との主旨は伝えましたが、
別の仲介業者を紹介云々に関しては賃借人が関与する話でもないと考えてますし滞りなく家賃払いこの件に関しては無視しようかと思います。


ありがとうございました…。

2017年03月24日 14時37分

この投稿は、2017年03月24日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

亡くなった人名義の賃貸住宅、相続放棄するなら退去しなければならない?

亡くなった人の名義で借りている賃貸住宅に住んでいる場合、相続放棄をすると退去しなければならないのでしょうか。住み続ける方法はないのでしょうか...

この相談に近い法律相談

  • 【緊急】一般媒介契約について

    未だに賃貸人が法定更新を警戒し再契約を求めてきているのですが、 媒介契約については賃借人は関与するものではないと解釈していますが、 ※自動更新後に賃借人が契約に入らず、賃貸人と仲介業者にて媒介契約を締結し以降仲介業者を通す様な体制にする事は可能なのでしょうか? 賃貸人はあくまでも賃借人、仲介業者、賃貸人と契...

  • 大家変更の賃貸契約について

    2つ質問させて頂きます。 今のアパートに引っ越しして5年目になります。 昨年の12月に大家さんが変わり、管理会社も変更になりました。 管理会社の変更後、家賃振り込み先の変更の通知がある他はそのまま入居しています。 ところが5月の下旬になって、賃貸人が変更になったことで「継承契約」を締結したいということで賃貸契約書...

  • 【緊急】自動更新後の管理会社と賃貸人の関係性について

    自動更新になり従前通りに契約が成立していると解釈しており、契約書内に媒介業者として管理会社の名前が記されてますが、 この契約書ごと契約は生きてるのでしょうか? 【賃貸人言い分】 ・契約書は生きてるが契約書にサインをしないと後に更新料などが入って来なくなる ・満了が過ぎ契約書を交わしていないから管理会社とは...

  • 業務委託契約は別の契約の債務不履行を理由に解約できるのか?

    金銭消費貸借契約書の返済遅延を理由に別件で契約している業務委託契約に関して契約解除通知書が送られてきました。業務委託契約に関しては何ら違反がなく、先方は借入の返済遅延の債務不履行を理由に業務委託契約も解約できると主張しています。契約はそれぞれ別々に交わしているものなので、返済遅延を理由に別の委託契約を解約するこ...

  • 賃貸借契約と準委任契約の関係

    現在賃貸マンションを借りています。仲介者を通して大家さんと契約を結びました。大家さんは仲介者に管理を委託しています。 この場合、私と仲介者の間が更新事務等を委託する準委任契約、私と大家さんが賃貸借契約、大家さんと仲介者は管理委託契約を結んでいることになります。 ところで、仲介者が度重なる不祥事(宅建業法違反)を...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。