不当な退去請求で裁判をしてくる大家を不法行為で損害賠償請求できるか?

賃貸大家から不当な更新拒絶の退去請求で裁判をされて大変迷惑しています。賃貸大家のこうした不当な退去請求に対して、不法行為で損害賠償請求ができるかお聞きします。
現在、2年毎の更新ありの普通借家で賃貸生活をしていますが、私には、家賃滞納や契約違反になるような迷惑行為もなく、モラルを守って入居しています。
大家の退去請求の理由は、私が実家建替えのための仮住まいとしてこの物件を借りたので、契約締結時に更新なしの短期契約の合意ができていたから、加えて、私が入居してきてから他の入居者とのトラブルが頻発しているということを理由に挙げています。
確かに、引っ越してきた理由に建替えのための仮住まいの目的もあると言ったのは事実ですが、建築計画が融資の関係で予定が大幅に伸びているのは確かです。しかし、短期契約の合意形成については大家のウソで、そんな合意はありませんでした。事実、契約書にそのような記載はなく、重要事項説明書にも「2年毎に更新あり」と明記されています。また、仮にそんな合意が契約書に記載があったとしても借地借家法30条からそもそも無効です。
また、近隣トラブルについても、他の入居者たちによる様々な契約違反の迷惑行為(犬の放し飼いや糞尿、深夜のムダ吠え、ウチの玄関前を隣の車が駐車場として利用して邪魔、ネコの鳴き声がうるさい(ちなみにここはネコ飼育禁止物件です)等々)で私が困っていたため管理会社に通報して改善を求めただけなのに、訴訟書面で大家側は「この賃貸物件ではコミュニティーが熟成されており、みなが譲り合いの精神で迷惑行為をしても苦情が上がってこなかったのに、被告(私)が入居し出してからそうした通報が管理会社に入るようになり管理会社も対応しなければならなくなった」と、完全に他の入居者の迷惑行為や不正(駐車場の無断使用)を是とし、逆に当たり前のことを主張している私を「和を乱す悪」とする主張をしてきています。しかも大家側は、管理会社が私からの通報を受けて対応をした証拠資料として、私が通報した前述のような迷惑行為をしないよう全世帯あてに配布した注意の手紙を出してきており、明らかに大家自身が他の入居者たちが契約違反となる迷惑行為をしていたこと、それから私が通報者(被害者)であることを証明しています。
(つづく↓)
waonnさん
2016年12月18日 20時15分

みんなの回答

waonn さん (質問者)
(つづき)

また、賃貸敷地内の駐車場についても、私が入居当初、私が借りた駐車場枠を他の入居者が勝手に利用していて私が使えないというトラブルがありました。しばらく後でわかったのですが、実はこの賃貸では、私が入居してくるまでは他の入居者らは無断で空いている駐車場枠を使用していたらしく、そのうちの一人が私の契約した駐車場枠に置いていて私の車とカブったことでそれ発覚し、管理会社からちゃんと契約するよう言われて複数の入居者らが駐車場の契約をしたそうです。
なので大家は、私が入居してきたおかげで駐車場契約をきちんとしてもらえるようになり、賃料収入も増えて良かったはずなのに、それを訴訟書面で私が主張すると大家は「被告(私)は、皆が駐車場をきちんと契約するようになり賃貸収入が増えたと、まるで自分が手柄を取ったかのように主張しているが」と、まるでずっと不正利用を続けて駐車場契約をして欲しくなかったかのような記述をしており、一体何を考えて賃貸経営をしているのかわかりません。
私自身が何か迷惑行為の発生原因(例えば騒音や悪臭・ゴミ屋敷、不法占拠等)となって近隣に迷惑をかけていて、それを大家や管理会社に何度注意されても全く聞かない、とか言うのであれば退去請求の裁判も理解できますが、私は迷惑行為の被害者であって、契約違反をしているのは周りの先住の入居者たちです。管理会社も大家も先住の入居者らも、ずさんなモラル意識の低い人たちで、契約書やマナーにを守って生活しようと言っている入居者を厄介者扱いして追い出そうとしている大家が間違えていると思います。もしかすると、追い出すための嫌がらせ目的で大家はこんなわけのわからない裁判をしているのかもしれませんが、完全に平穏な賃貸生活をブチこわされています。また、本人訴訟をしているので訴訟書面を作成する時間や労力的にも精神的にもかなり迷惑で苦痛です。地域の仲介業者に聞いたところ、過去にも大家や他の入居者からイジメみたいに追い出された人がいたと聞きました。
こんな悪質な大家に不法行為で損害賠償請求の裁判ができますか?
訴訟で堂々と自分の恥になる主張と証拠資料を出してきているのでお聞きします。
ちなみに大家には3人の代理人弁護士がついています。

2016年12月18日 20時25分

waonn さん (質問者)
あと、私はこの物件以外に条件が合う賃貸物件がなく、嫌でも引っ越せません。
どうぞよろしくお願いします。

2016年12月18日 20時32分

梅村 正和
梅村 正和 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県1 不動産・建築に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
主張する事実や法的根拠が何もないにもかかわらず、そのことを分かっていながら提訴したようなデタラメの訴訟に対しては、不当提訴を理由に慰謝料等の損害賠償請求をする反訴を提起することが考えられます。あるいは、勝訴判決を得た後に、不当提訴を理由とする損害賠償請求訴訟を提起することも考えられます。
ただし、主張する事実や法的根拠が何もないにもかかわらず、そのことを分かっていながら提訴したデタラメという事実の立証責任があるので、単に勝訴しただけでは不当提訴の損害賠償請求訴訟で勝つことはできないとは言えます。

2016年12月19日 20時51分

waonn さん (質問者)
梅村先生、ありがとうございます。
それはいわゆる“スクラップ訴訟”というやつですか?
その、先生の仰る不当提訴で反訴する場合について、1点、追加質問です。
不当提訴を理由に損害賠償請求等の反訴をする場合、私が訴える相手は大家なのですか、それとも大家の代理人弁護士ですか?、あるいは両方ですか?
というのは、大家は一般人の素人ですから、好きに要求・主張はするでしょう。でも、その中で何が合法で何が違法か、あるいは裁判にできる内容かどうかなどわからないから弁護士に相談しているのであり、提訴前に必要な証拠の有無や法的根拠などを調べて裁判できるかどうかを総合的に判断するのは弁護士なので、不当提訴は専門家としてミスをした相手方代理人弁護士に責任があるのではないですか?
それとも、原告として裁判をした以上、大家が悪い(被告)として反訴されることになり、もし大家が反訴で負け、その原因が代理人弁護士の判断ミスのせいだと思ったら、さらに大家が代理人弁護士を訴えればよいということなのでしょうか?
不当提訴の責任の所在についてはどのように考えればよいのか、ご回答よろしくお願いします。

2016年12月19日 22時04分

梅村 正和
梅村 正和 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県1 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
> 私が訴える相手は大家なのですか、それとも大家の代理人弁護士ですか?、あるいは両方ですか
訴えたのは代理人ではなく当事者なので、当事者を相手にすることになります。
この辺のところがピンと来ないなら、自分で訴訟するのは危険かも知れません。まずは弁護士に直接相談した方が良いです。

2016年12月20日 12時32分

この投稿は、2016年12月18日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 事故物件について

    新築を購入後に購入した場所が以前に火災が起き、焼死体が出た場所ってしりました。 重要事項説明にも記載は無く、口頭でも説明は有りませんでした。 また、購入時には火災が起きた建物は無く、更地の状態です。 火災の原因は分かりません。 このような場合は契約の解除もしくは、賠償金の請求は出来ますか。 回答を宜しくお願い致し...

  • 困りました。よろしくお願いします。

    法人会社で養老院を建設する目的でAさんから土地を購入しました。 ところが、隣接地の建物(階段)と埋設管が明らかに越境しています。(確認済)それぞれを撤去してもらわないと事業ができません。 話し合いをするために連絡をしても、通知書(配達証明)を送付しても全く話に応じようとしません。 事業を推進するた...

  • 建築士が無断で設計図を変更

    新築の確認申請は 施主が委任してないのに、建築士が勝手に 施主の判でないものを押して 確認申請を出しました。 施主に説明も了解なく契約時の説明や契約書に記載されている寸法や施工方法と 違う基礎に図面が変更させられていました。 これは、罪になりますか?

  • 賃貸契約不履行(貸主)に関する損害賠償請求

    2016年末に現在の賃貸戸建てに移転してきました。 本来賃貸住宅は貸主または管理会社は 引き渡しまでに修理すべき点などは修理、屋内の消毒や害虫対策、飲用水の水質検査などを 行う義務があると思いますがトイレなどの消毒だけは行われていましたが そのほかは一切現状渡しでした。 以前の居住者の残留物もこちらで処理する結果と...

  • 借地上の建物違反に対する土地所有者の責任

    借地上にある建物(一般住居について土地所有者に無断で増改築を繰り返した結果、違法、既存不適格、違反等々あった場合、土地の所有者に対しても何等か責任はあるのでしょうか? 所有者には報告せず、水道も借地から他の土地に引いて使っています。 市役所から建物についての説明を求められていますが、1年以上無視しています。3度...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。